2018年02月13日

極小巾着バッグ

ナッツをちまちま食べている話を書きました。

いろんなお店に行くとついナッツを見ているのですが、今までもあったけど気にならなかっただけなのか、それともいま流行っているのか、すごくいろんなバリエーションを目にするようになりました。
ナッツを毎日30g程度食べると死亡率が下がるとかいう研究もあるそうです。30gって意外に少ないですよ!!あっという間。ボーっと食べてしまうとあっという間なので、コスパも悪いし(ナッツって高いですよね)食べすぎ防止に小分けお弁当箱を用意。

写真 2018-02-09 16 50 38.jpg
大好きなリサとガスパールまでもが100円ショップに登場。衝撃的すぎて買ってしまいました。やるな、100円ショップ。

  
フランス人(?)だけど日本へ来たこともあるリサとガスパール。新東名のSAにあったショップ&カフェは富士急ハイランドのほうに行っちゃって残念。

さてこれをもって家の中(まだ家に居るオカメインコの世話のため二部屋に半々でいないといけない)や外をうろうろしていたのですが、なんか入れ物があるといいよねー。ナッツだけじゃなくてそのほかのスナック類も量決めていれておけるといいよねー。というわけで、袋を作ってみました。

写真 2018-02-09 16 50 03.jpg
かなり前に、わーかわいいと思って買ってしまったハギレがようやく使えました。
なんかこういうかわいい柄って、かわいいんですがいざ使うとなると使いづらいですよね。。。

表 青い馬メイン
写真 2018-02-09 16 50 23.jpg

裏 小鹿メイン
写真 2018-02-09 16 50 29.jpg

巾着の紐も、なんだか家にあったものがちょうどぴったりな色合いで。
きれいにまとまりました。

唯一失敗したのはサイズ計測で、小鳥たちの大騒ぎの中適当にやっていたらマチ部分の計算を誤り、キツキツで容器が入らず。まるっきり縫い直しました。まぁ、縫い代をギリギリまでへらしてなんとかなったので良かったです。あまりにギリギリで最後はミシンが入らないというか、ミシンでやるとうまく押さえるのが面倒くさい感じになったので、手縫いにしました(苦笑)。手縫いで小物なんてホントに何年ぶりか…。容器にピッタリサイズになりました。
マチは外マチ。本当はちょっと違うマチにしようと思ってたのですが、うっかりこれに。結果オーライです。

夜な夜な30gくらいのナッツをケースに詰めては見えるところに引っ掛けておき。。。やっぱり紐だけじゃなくて持ち手があるとバッグらしくて可愛さが増します。
高さが少しあるため保存容器以外も入れられるので結構気に入って、小さいながらも色々詰めて「うちカフェ」ならぬ「うち鳥カフェ」やお出かけおやつにも活用しています☆

----------------------------------------------------
↓子供の持っているコップセットみたいな感じ。
   
無印良品のホーローマグ用に作ってましたが、あれは片方だけの巾着でしたねー。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | クロシェ&ハンドメイド

2018年02月12日

ミックスナッツ いろいろ

さてさて、糖質制限時のスナック(または昼ごはん)としてオススメされていたのがナッツ。
いろいろあるので目につくものを買ってみました。
同じ種類でいろんな会社が出していると、あれこれ試してみたくなっちゃうんですよね。。。

タマチャンショップ
ななつのしあわせミックスナッツ
アーモンド、くるみ、カシューナッツ、ピスタチオ、ペカンナッツ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ
写真 2018-01-13 14 11 47.jpg
色々なナッツを味わえるのはいいです。ペカン(ピーカン)が好きなのでちょっと嬉しい。しけってるとかレビューが多かったですが、ナッツを別々にローストしてる関係のようです。私はあんまり感じなかったかな。でも配送がめちゃ遅いのは事実。注文してから半月後位に来ました。

 ちょっと高いけど。

オーケーフルーツ
無塩・無油 3種類ミックスナッツ
アーモンド、くるみ、カシューナッツ
写真 2018-01-13 14 11 28.jpg

  マカダミア入りの4種のもある。

業務スーパー
ミックスナッツ(安いほう)
アーモンド、ピーナッツ、ジャイアントコーン、豆菓子、カシューナッツ
写真 2018-01-15 21 21 26.jpg
豆菓子もジャイアントコーンも糖質制限からしたらダメですよ。でも久しぶりにジャイアントコーン食べたらすごい美味しかったです。しけってないと、ちゃんとかりっとしていて歯が痛くならない!

ミックスナッツ(高いほう)
アーモンド、くるみ、カシューナッツ
写真撮り忘れました。普通に美味しいです。

カルディコーヒーファーム
素焼きミックスナッツ
アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツ
写真 2018-01-29 16 34 14.jpg
マカダミアも美味しいですよね。

  たまにセールになってます。糖質制限してない人にはトレイルミックスもオススメ。

スイートボックス
素焼きミックスナッツ7袋
アーモンド、くるみ、カシューナッツ
写真 2018-01-29 22 56 06.jpg

小分け袋になってるのは食べやすくていいです。

ファミリーマート
ミックスナッツ
アーモンド、くるみ、カシューナッツ
写真 2018-01-30 12 52 30.jpg

これ美味しいー☆やっぱり塩味ついてると甘みとうまみが引き立ちますね。
おつまみだから、食べすぎちゃうというデメリットも。。。

★マメシゲピーナツ
豊橋の会社。豆菓子専門です。
バタピーうまい。バター使ってないけど。。。

★MDホールディングス ナッツスナッキング
くるみ&フルーツ(いちじく、グリーンレーズン、クランベリー、バナナ)
写真 2018-02-07 0 31 05.jpg
糖質制限的にはフルーツはナシ(+_+)なんですが、なんか素敵で買ってしまいました。最近ナッツは流行りなんでしょうか。意外といろんな種類があります。
    パッケージもかわいい

*****

しかし!ご存知ですか。
カシューナッツとピスタチオが実は炭水化物多めだということを。

100gあたりでいうと
ペカンナッツ ブラジルナッツ 4g
マカダミアナッツ 5g
ヘーゼルナッツ くるみ ピーナッツ 7g
アーモンド 10g
ピスタチオ 18g
カシューナッツ 27g ダントツ!!

なんと。炭水化物オフの視点から見ると、カシューナッツは避けたほうがいいようです。。。
ミックスナッツにはほぼ入ってるけど・・・
ナッツごとに買ったほうがいいのかな。でもミックスされてるほうが飽きなくていいですよね。

こちらはきちんと「ロカボ」という目的があるので炭水化物少なめのナッツをチョイスされてます。
デルタ
10日間のロカボナッツ
アーモンド、くるみ、ヘーゼルナッツ
写真 2018-01-29 16 33 54.jpg

味付版(燻製)
写真 2018-01-29 16 34 27.jpg

 小袋入りはいいですね。

あと謎のブラジルナッツ。今回初めて聞いて、超気になったので買ってみました。
その名の通り、ブラジルのナッツらしいです(^_^)

写真 2018-01-31 13 21 28.jpg

一粒が大きい!!私が買ったのは生なんですが、マカダミアナッツのような歯ごたえです。味は、正直ちょっとまずいような。でも慣れてきたら平気になりました。ブラジルナッツには抗酸化作用の多いセレンが含まれているのですが、比較的毒性が強い成分で1日の適切な量と中毒となる量の差が小さいため、1日1粒が限度だとかで。薬と毒は紙一重なんですな。


異なる大きさからなる粉粒体を振ると、最も大きな粒子が表面に浮き上がってくる現象のことをブラジルナッツ効果というそうですよ。確かに大きいものが浮き上がってくるよね。でも日本のミックスナッツにはほとんどブラジルナッツは入ってないので、、、なかなかピンとこないかもしれません。

食べすぎはもちろんいけないんですけど、ナッツは美味しいからスナックとしてはいいですよね。

----------------------------------------------------
↓タイガーナッツも気になる。
 
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(2) | 食べ物

2018年02月10日

カザフ模様刺繍バッグ

カザフ情報局ケステを主催している廣田さんの新しいページ遊牧民の手仕事トゥインチェクで紹介されていた刺繍の師匠日本招聘プロジェクトのクラウドファンディングに参加していました。
(+_+)安い支援しかできなかったんですけど☆
キルギスの刺繍とカザフの刺繍はすごく似ていて、キルギスの刺繍の情報がサッパリ無い中でたどり着いたカザフ刺繍の専門家(モンゴルのカザフ族がフィールド)、ということで、廣田さんには(勝手に)並々ならぬ期待をしています。ご本人も話も面白く素敵な方なので、機会があればぜひイベントに行ってみてください。

さて、クラウドファンディングといえば(?)、リターン。
ポシェットをいただきました。

写真 2018-02-07 11 37 32.jpg

模様、かわいい。

写真 2018-02-07 11 40 50.jpg

でも色合いが超〜〜謎。日本人には絶対にしないであろう色の組み合わせ。
最初は違和感ありましたが、見慣れてくるとカザフ模様とも相まって、「意外と合うな!」「かわいいな!」と思うようになりました。3時間後くらいにはすっかりお気に入りです(笑)。
この色彩感覚はトルコ人にも似たところがあり・・・。日本人には違和感アリアリな組み合わせも、なんだかうまいことなじませるんですよね。それはちょっと、日本の着物の柄ON柄に似たところもあるのかもしれません。あれも、見慣れてるからなんてことないですが、初めて見たら違和感すごいかも。

こちらのバッグは後ろにジッパーポケットがついていたり
写真 2018-02-07 11 40 30.jpg

裏地がサテン調デコラティブ柄だったり
写真 2018-02-07 11 38 18.jpg

なかなか小技が利いていて、しかもサイズもちょうどいい感じです。
小荷物でうろうろするときなんかにいいですね。
あとキルギスとかなり模様は似てるというか同じというかなので、民族衣装の時にも使えそうです☆

*****

以前別の機会にも廣田さんから刺繍バッグを購入したことがありまして。
写真 2017-10-11 15 01 42.jpg

ワンショルダートートバッグ。
こちらは古い刺繍布のリメイクバッグだそうです。
こういうカザフ刺繍には意外と無い花柄で、一目ぼれ。新商品としてこんなの作ってもらってみました、と紹介されてたのを「買いたいです!」と言って譲っていただいたもの。

よーく見るとツギハギだったりぼろっとしてる部分があるのですが、まぁ、リメイクですから。しかも二つと同じ柄・布は無いわけで。
刺繍を引っ掛けるのが嫌で全然使ってなかったのですが(クローゼットにかけてあって、開けるたびニマニマ)、最近ようやく使い始めました。

写真 2017-10-11 15 01 49.jpg

もう、使ってなんぼですよね。最近特にそう思い始めました。
使うともったいないけど、使わないともっともったいない。どんどん使いましょう。

----------------------------------------------------
↓カザフの伝統楽器はドンブラ。カザフでコブズと言えば二弦の楽器で、キルギスでいうところのクル・クヤックにあたります。キルギスのコムズは3弦の楽器なのでこの辺の名称のスライド現象は面白い。
  
何故かカザフ辛味大根という大根があるらしい。

----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(2) | トルコ&中央アジア

2018年01月31日

キシリトールチョコレート

ゆる糖質制限を絶賛実施中です(>_<)

なぜ「ゆる」かというと、家にまだまだストックのラーメンがあるから!そして夫はご飯が大好きなので、やっぱりすぐには止められず、「おかずはご飯を食べるためにあるんだから、ご飯食べないならおかずもいらない」と、絶食するかという勢いなので、お茶碗に軽く1杯は食べてるからです。

というわけで、バレンタインも近づく今日この頃。
キシリトール入りのチョコレートを買ってみました。

「糖質制限」なのであるから、いわゆる糖分だけでなく、炭水化物を控えないといけないので、チョコ部分に問題は多少残るとは思うのですが。。。
炭水化物の一部が糖質、糖質の一部が糖類。糖質と糖類の関係については、キリンが詳しく解説してます

歯医者さんが作ったチョコレートシリーズ☆
写真 2018-01-26 14 57 57.jpg

普通のチョコとホワイト、抹茶があります。
  

キシリトールは糖アルコールの一種で、血中への吸収速度が遅いため、血糖値の急上昇を招かず、むし歯の原因となる歯垢や酸を作らないため、歯にも優しい甘味料。出来てしまった虫歯を直すことはありませんが、予防には一定の効果があるようです(→日本フィンランドむし歯予防研究会)。
なめるとちょっとスッとしますから、ガムやミントによく使われています。
ただしカロリーはあります。

衝撃的な文言が裏面に。
「ゆっくりなめながらお召し上がりください」
「歯磨き後、寝る前に摂取すると効果的です」

えっ

歯磨き後!?寝る前!?

カルチャーショック(;゚Д゚)

キシリトールは口内の菌が全く利用できないものなので、全く酸を作らないそうで、常用するとプラークがはがれやすくなるなど口内環境の改善に良いようです。
が、キシリトールの虫歯予防の効果が期待できるお菓子は、ガムかタブレットが主で、その理由はキシリトールが口の中に長く留まらせないと意味がないからなのだそうです。糖類が0gで有ることと、糖質中におけるキシリトールの割合が50%を超えているかどうかが重要なのだとか。そして1日3回3ヵ月以上続ける必要があるんですって〜。それはなかなかハードル高いですね。

それにしても、原材料はキシリトール、ココアバター、全粉乳、カカオマス、植物油脂(パーム油、シア油)、ラクチトール、乳化剤(大豆由来)、香料 なのですが、ほかの素材は歯に悪くないんですかね・・・???全粉乳とか。。。
ラクチトールも糖アルコールの一種で砂糖の約40%の甘さがあります。便秘の薬にもなっているので、沢山摂るとおなかが緩くなりますね。チョコで5~10gくらいなら問題ないようです(1粒に147mg入ってます)。

ちなみに1粒当たり
エネルギー17kcal 糖質1389mgです。 

少しスッとした冷たい感じがしますが、それ以外は普通に美味しいミルクチョコです。

同じような商品としてはこちら。

リカルチョコレート(歯愛メディカル)
写真 2018-01-26 14 58 58.jpg
全粉乳、ココアバター、カカオマス、植物油脂、キシリトール、乳化剤(大豆由来)
60gあたり エネルギー357.6kcal 炭水化物26.2g
 抹茶版も。

明治おいしいOFF 砂糖ゼロ カカオ61%
写真 2018-01-26 14 58 08.jpg
カカオマス、マルチトール、植物油脂/乳化剤、光沢剤、香料
33gあたり エネルギー163kcal 炭水化物16.7g(糖質13.4g 糖類0g 食物繊維3.3g)
こちらはマルチトールを使っています。マルチトールは、砂糖の約90%の甘味を有し、腸管から比較的吸収されにくいものです。耐熱性に優れているそう。
これは虫歯は関係ないです。ただただ糖類ゼロというだけ。

***

キシリトールは「人工甘味料」と思って嫌がる人もいるかと思いますが、一応自然界に存在している甘味なので「ナチュラル」なもの。日本人も好きな「北欧」イメージで、元々はカバノキ(シラカバなど)から採っていたようですが、現在ではほとんどがコーンの芯からとり出しています。
そのコーンが遺伝子組み換え作物である「可能性がある」、ということで嫌な人は嫌がるようです。でも私は遺伝子組み換えにも利点はあると思うので、その辺気にしてません。オーガニックだからいい、美味しい、体にいい、素晴らしい、というわけでもないですしね。アメリカのオーガニックスーパーやファーマーズマーケットで学びました(笑)。

----------------------------------------------------
↓箱入りとかボトル入りとかあるので、砂糖を気にしてる方の贈り物にはいいかと。
   
あとべたべた口に残らないので、甘いものがそんなに好きじゃない人にどうしてもチョコをあげたいときにもいいかと(笑)。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(4) | 食べ物

2018年01月27日

謎の一列歯ブラシ

最近行っている漢方を出してくれるクリニックで読んだ雑誌に、不思議な歯ブラシが出ていました。
確かレタスクラブ的な普通の雑誌だったと思うのですが。。。

一列歯ブラシ というやつで、歯ブラシの歯が一列しかないのだそう。
開発したのは福岡のむらつ歯科クリニック。「歯は臓器」がモットーなんだそうで、ちょっと面白そうだなと思って買ってみました。

翌日には来るという恐ろしい速さ。
写真 2018-01-24 14 12 33.jpg

買ってみたのは1列歯ブラシと、持ち歩き用のセット、あと変わった形したフロスです。

写真 2018-01-24 17 15 31.jpg
ホントに一列。

私は昔から歯磨きが得意でなくて、歯が結構悪いです。子供の頃は寒い洗面所で母に強要された歯磨きが本当に嫌で、歯ブラシをずーっと指でこすって磨いたふりしてました。
そのせいか、何回なおされてもなんかうまく歯磨きが出来ません。
今思い返すと、自分で自分を叱りたい・・・。ちゃんと歯磨きしてればねぇ・・・。お金も節約になったし、かみ合わせやら詰め物やら気にしなくて良かったのに。洗面所が寒いせいだわ。
なので大人になってからは歯ブラシを持ち歩くようにして、夜は歯間ブラシなんかも使って結構時間をかけてみがくようにしてます。

で、これ、使ってみて、すごくいいなと思いました。
一列しかないので、しっかり歯と歯茎にあたって、きちんと磨けてます。細かいところも磨けるようで、口がスッキリします。歯磨き粉を付けないことが前提となってますが、私はつけたいのでつけてます。でもちょっとしかつかないので、超節約(笑)。
意外なことに、私の中ではかなりのヒット。コンパクトな感じも好み。

フロスもよくみるやつより入れやすく、奥歯のほうとかすごくやりやすいです。
 よく見る形

へー、こんな形があったんだ、と思ったら、この形自体はY字型とかいうやつで、歯科専売品だけでなく普通にも売っているタイプの形だそうです。

  次買うなら断然安いコレ

しかし問題は、引っかかってしまうところがあるとこのまま取れないかも、と思うくらいとるのが大変。特に奥歯。奥歯に入れられて便利なのに、引っかかると焦ります。
これはフロス全体で言える事なんですが・・・糸タイプならスッと抜けばいいことなので簡単。でも奥歯に入れづらい。楊枝タイプは入れにくいところに入れられるけど、抜けないとき大変。というわけで、今まで私はずっと糸タイプを使ってました。
んー 引っかかってしまうところ=よくないところ なので、治せばいいんでしょうけど・・・行ってる歯科ではそんなに問題ないと言われてるので、とりあえず放置。
最終的には切って外すしかないでしょうね( ;∀;)

持ち歩きセットには歯ブラシとフロスがセットできます。ミニ歯ブラシもついてますが、歯ブラシ+フロスか歯ブラシ+ミニ歯ブラシかどっちかしか入りません。
フロスも入れるのは超大変で、パズルのようにいろいろやってみて、ようやく入りました(苦笑)

写真 2018-01-24 17 12 30.jpg
これは稲麻樹脂の軸のもの。
植物樹脂に特に意味はないと思うのですが、色が落ち着いてて良かったのでちょっとだけ高いのですがこれにしました。白でもよかったんですが、汚れると嫌なので。。。

さてこの歯ブラシ、なかなかやるな!よく考えたな!とは思うのですが、むらつ歯科クリニックとその村津院長については評価のわかれるところだそうで。ものすごい効果!先生すごい!という反響の反面、宗教っぽいとかスピリチュアル系とか金儲けとかなんとか色々言われているよう。

ウェブサイトもよく読み込んでいくと、確かに、ちょっと、胡散臭い。
自己啓発系にもかかわってますし、「宇宙と人間」とか言い始められるとなんだかヤバそう。

実は私のいっているクリニックも、そもそもバイオレゾナンスで診断をしてます。バイオレゾナンスはドイツ発祥の「気と波動」で人間を診る方法。レヨメーターという「物質の固有振動数を発振する」装置を用いて気の変動を読み取り、不調な臓器を推定、病気の原因を推定していく方法。その周波数によって薬の合う合わないも判別し、全身の周波数を整えて健康にするというヤツです。東洋医学と西洋医学のミックス。
胡散臭いといえば胡散臭い。しかしこういう「健康」系のヤツはなんでドイツが多いんでしょう。

私もこの周波数とかは別に信じてないです。機械から出てる棒を握って別の光を当てて先生がなんやら読み解いているんですけど、それを使ってる病院だとは全く知らなかったので最初はビビりました。ヤバいとこ来ちゃった!!!、と。でもまぁ、それ以外は普通だし、先生もスタッフも感じがいいし、内科はそもそもどこもそんなに診療!っていうのはない分、なんか波動でも見てもらったほうがいいのかな。そんな感じです。そもそも特定の漢方薬が欲しいだけなので、院内処方なので薬がものすごい安いのは逆に魅力。
病院の評価はどこも「信者」(効果があった)か「敵」(効果がなかった)かどっちかからの見方になってしまうので、難しいところですね。その治療法が良かったのか、ほかの何かが良かったのか、その効果を見極めるのも難しいし。健康ってすごく大事なことなのに、それゆえに詐欺的商売との距離は非常に近いものです。まぁ信じるものは救われる、という考え方もありますが。

というわけで、歯ブラシに話を戻しますと、周辺は胡散臭さがすごいですが、「歯は臓器」というキャッチコピーと歯ブラシ自体はとても良いので、歯磨きに悩んでいる方は試してみてもいいのかなと思いました。
KOS オーラルケアブランド「歯臓」で買えます。
KOSは九州口腔健康科学センター(このクリニックがやってる)の略らしいんですけど、MOSは謎。KOSMOS。英語ならCosmosですがドイツ語やロシア語ならK始まり。うーん、段々怪しくなってきた(笑)。

磨きやすさは確かに今までの歯ブラシに無い良さなので、似たようなのをどこか大手メーカーが普通に出してくれないかな〜〜〜と、心の底から思う次第です。

----------------------------------------------------
↓歯ブラシと言えば高級歯ブラシのMISOKAも結構気になってる。
    
フレーバー付きのフロスも楽しい。
----------------------------------------------------

posted by badem at 08:00| Comment(2) | その他

2018年01月25日

コンドーパン

ヨシノパンからだいぶ間があいて、つい先日コンドーパンのパンを入手しました。

ところでヨシノパンはスーパーへの小売りをやめたようで、「これからは学校給食と卸でお世話になります」とスーパーに貼り紙がしてありました。普段見てると甘々だし、変な菓子パンだし・・・ってそんなに買わなかったけど、食べられなくなると知ったら、チーズパンがまた食べたい。不思議なものです。

さてさて、話を戻してコンドーパン。夫が用事で近くを通った時に買ってきてくれました。。
近くに高校があるので、そこの子たちも買いに来るようで、前日のパンは半額になるそうです。すごいな。
そして「おつかいもの」にする人も居るようで、包むのに風呂敷を使うという超・昭和感。はー、懐かしいな、「おつかいものの風呂敷」。

買ってきてくれたのはこの2つ。

写真 2017-12-28 16 41 30.jpg

なんじゃこれ。
左のは「バターパン」で、右のは「レモンパン」だそうです。
バターパンはなんというか、パン。形が変わっているのですが、味はバターロールです。平べったい分フワフワ感はない。

そしてレモンパン。見た目メロンパンですが、、、ビスキュイ生地は同じ。うっすらレモン味がする?しない?
で、中に白あん。

写真 2017-12-28 16 42 39.jpg

えっ、白あん??
なかなかのサプライズです。
意外と美味しいですけど。
白あんといえば思い出すのはボン千賀のくろんぼパン。くろんぼといいつつ中身は白あんという謎のパン。
あ、エディ・マーフィーのモノマネも「笑ってはいけない」現代社会ではこういうネーミングもダメなんですかね。。。ここまで突き抜けると別に何のこともバカにしてるわけでないからいいと思うんですけどね。
しみじみ生き残ってほしいと思うパンです。

で、別の日に買ってきてくれた「名物」がこちら。

写真 2018-01-11 20 39 00.jpg

「クリームパン」。

えっ(;゚Д゚)

写真 2018-01-11 20 39 05.jpg

確かに・・・クリーム・・・
コッペパンを見開きにして、そこにべたっと生クリーム(ともいえないような)が塗られています。
さらにクリーム保護のためのフィルムが乗って、袋詰め。

おー、すごい。
これは、すごい。
わけわかんないけど、なんかすごい。

味は非常に見た目通りで、この辺の人溺愛のサンドロール(パスコ)にも通づるものがあります。


ヤマトパンのたけの子パンにも通づるような・・・。
でもパンはたけの子パンのほうがデニッシュっぽくて美味しかったかも。

はっ
でも↑このたけのこパンの記事を読んでたら、ヤマトパンの「レマン サンドパン」が出てました。
まさかの レモンパン とおなじものでないですか????
レマン と レモン。
ん〜〜〜〜〜微妙に違うけど、見た目は同じ。
そして、中身はヤマトパンがカスタード、コンドーパンが白あん、と、全く違う。

もしかして、このあたりでは 「中身入りメロンパン=レモンパン」 という式が成り立っているんでしょうか。。。レマンのパッケージも絵は微妙にレモンだし。

昭和のパン屋さんにいくと、誰に聞いていいかもよくわからない謎が深まる一方ですな。

----------------------------------------------------
↓サンドロールはなぜか山積み。セールの目玉にも。こんなに一般的だったっけ?
 
    
「フランス堂のレモンパン」というミニカーは1959年登場の2代目トヨエース。当時のカタログに載っていた架空のお店の名前だそうです。何をイメージしてたんでしょう??レモンケーキかな。まさか白あん入ったヤツじゃないよね(笑)。でもトヨタならこの辺だし、有り得なくないかも???
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2018年01月23日

手帳 2018年版

このところ毎年作っている手帳
自作する前から日付ブランクの手帳リフィルを買って、日付を入れるのが年末の恒例行事で、わくわくするものでした。
しかし昨年末は小鳥のお世話で忙しく、二部屋でわけて飼っているのであっちこっちとばたばたしていると、あれよあれよという間にもう1月も半ば。ようやくプリンターを引っ張り出してきて今年の分の手帳を印刷することが出来ました。

写真 2018-01-23 16 06 53.jpg

去年までは2週間見開きの午前午後分離タイプだったのですが、よくよく検討の結果、革手帳時代と同じマンスリーに戻しました。

検討した2週見開きと、4週見開き。意外にも4週間見開きとマンスリーはほとんどマスのサイズは変わらず。
写真 2018-01-22 21 48 28.jpg

生活が変わると手帳の使い方も変わるものですね。
最近は予定もあまりないので(苦笑)、ざっくりとしたマンスリーのほうが使い勝手が良いです。昔の革手帳はマンスリーとウィークリー併用で、ウィークリーのところが日記になってたのですが、最近はカレンダーに占める日記的な部分の割合がガタ減りしている(感情の起伏が少なくなったというか、色々達観し始めたというか…)ので、今回はバッサリ切りました。その代わり、白紙ページを多くして、こまごまとした紙ものを貼るスペースと、書きたいときに書ける日記スペース共用に。
マンスリーとはいえ割と大きいマスなので色々書き込めもします。
なんかもったいなくて使ってなかったシールもこれでいろいろ貼れる( *´艸`)

写真 2018-01-23 2 08 28.jpg

上が今年の。下が去年の。
相変わらずトモエリバーを消費しているので、薄い薄い。マンスリーなんて12枚プラスアルファですから、もうホント、薄い冊子です。

今年導入して大正解!だったのは、ペーパーカッター。
写真 2018-01-22 21 47 08.jpg

これ、本当に、なぜ今まで買わなかった!!!って思うくらい便利です。
切りづらくヨレまくっていたトモエリバーがサラっと!!!きれいに、あっという間に切れました。
ホント、去年までロスしてた分のが嘘のよう。
しかも製本してから紙のズレを本の状態でカットするのも楽々。今年は薄いからというのもあるでしょうが、裏側からと表側からカットして、すごくきれいになりました。
素晴らしい。

今年一番悩んだのは日曜日の色付け。
年間カレンダーは文字入れをするとき面倒で全部黒文字にしたので祝日がわからなくなっちゃうんですよね。
フリクションの丸スタンプもあったのですが。。。

写真 2018-01-23 15 51 39.jpg

トモエリバーにはインクがなじまないようで、若干浮いた感じに。こするとすごい汚くなりました(汗)。インクジェット印刷だしね。。。しかもサイズがちょっと大きかったです。

 結構好きで良く使うんですけど。

なので、ここは呉竹のクリーンカラーの出番。

写真 2018-01-23 16 01 17.jpg

筆ペンタイプのマーカー。これ、全然裏写りしないんですよー!!イラストに色付けるように買ったんですけど、これで色付けてスキャンすると私ではうまく色味が再現できなくて・・・(>_<)早々にCGペイントに鞍替えしました。今はもっぱら手帳のマーキングとかに使用してます。
色鉛筆や水彩イラストの方はスキャンどうしてるんでしょうね〜??

 24色セットを買いましたが、大体薄い色ばかり使ってます。

 
マーキングにはモジライナーのクレヨンタッチも好きだったのですが、どうやら徐々に姿を消しつつあり・・・最近はモジライナーふんわりタッチに移行しつつあるようです。

写真 2018-01-23 16 07 24.jpg

結局マンスリーにも日曜・祝日はピンク、平日はうす緑に。色が見えづらいくらいでちょうどいい。
元々こちらに色を付ける気はなく、日曜・祝日は赤で書いていたのですが、文字や予定を記入していったらどれが日付かわかりづらくなってしまったので、色を付けました。日付だけ四角で囲ったりして印刷もいいのかなと思いましたが、そのためにはまたファイルの中身を組みなおさなくちゃいけなくなるので、次回の課題に・・・。

ギフトレコードは相変わらず大活躍。
写真 2018-01-23 2 09 09.jpg
人にダブってものを贈らないように〜こまめにメモしています。
人からもらって良かったものもメモしておくと、ほかの人に買うときに参考に出来るので便利。

***

今年も手帳に書ける楽しい予定が沢山ありますように!!

----------------------------------------------------
↓ペーパーカッターは超オススメです。安いし!軽いし!替えパーツもあるので長く使えそう。
   
使う予定もないのにミシン目用の刃も買ってしまった。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(2) | その他

2018年01月21日

アグリ浜名湖 オリーブオイル

うちからは割と浜名湖が近く、よく行きます。
幼少時から浜松はそんなに遠くない(実家は神奈川の西部なので)気がしていましたが、まさか、人生で、なんとなーく浜名湖に行く日が来るとは(笑)。わからないものですね。

行くといっても何をするわけでもなく、ドライブでぐるりとしたり、周りにある今風のカフェに行ってみたりなんですけれども。
その中でいつも気になってたお店がカフェ・オリーバ。外に大きく「オリーブとコーヒー」とあって・・・謎すぎるでしょ!!
と思っていたら、浜名湖沿岸でオリーブ畑を営むアグリ浜名湖という会社がやっているお店でした。
中ではコーヒーや軽食を頂けるほか、色々なオリーブオイルも売っています。
ここで作ったオリーブオイルは毎年11月ごろ搾り店頭に並ぶとのことでしたが、私が初めてカフェに行った昨年初夏ごろにはもうありませんでした。

というわけで、予約。
11月末に販売を開始したようなので、12月に入ってから受け取ってきました。

写真 2017-12-19 14 38 43.jpg

購入したのは新漬けのオリーブ、エクストラバージンオリーブオイル100ml、三ケ日みかん入りオリーブオイル30ml。

オリーブオイルはいくつかの品種を混ぜているそうで、今回は

1)ネバティロブランコ
スペイン原産。国内では多く育てられている品種。成長が早く樹形は直立性で枝葉が多い。オイル用。
2)ルッカ
イタリア原産。樹勢が旺盛でオリーブらしい樹冠を形成。果実は小ぶりだが含油量が多い為、小豆島でもオイル用として最もポピュラーな品種。
3)アルベキナ
スペイン原産。コンパクトな葉が密に育ち、果実は小型。
4)ミッション
アメリカ原産。樹形は直立性でバランスよく成長。実は晩生で漬物・オイル両方に使われる。果実の香りも良い。
5)シプレシーノ
イタリア原産。樹形は直立性。実は小ぶりで自家結実性が弱い為、受粉樹が必須。
6)ピクアル
ネバティロブランコの別名?なんでしょうか、この種類は情報が全然ありませんでした。

以上の6種だそうです。

こんなに品種があるのか・・・というのがまず驚き。
そしてそれ、混ぜるんだ・・・というのが次の驚き。オリーブオイルって、いわゆる「オリーブの木」があって、そこから採れるものをオイルにしていると思ってました。単一の品種をじゃんじゃん搾っているのだとばかり。
普通〜に売ってるオリーブオイルって、品種なんなんでしょうね??
味に結構差があったりするんでしょうか。
そりゃ、まぁ、品種が違えば違う味がするんでしょうねぇ・・・。
気になる・・・。

ブレンド以外ではネバティロブランコだけを絞ったものもあり、ストロング(苦味辛みが際立つかなりスパイシーな味)とのことでしたが、買わず。

早速試してみますと、ブレンドですが、なんというか、野趣あふれる味。
あ、オリーブって、樹の実なんだ。。。
それを搾ってるんだからこういう味だよね・・・。
というのを実感できる味です。

青臭いというか草っぽいというかなんというか、非常に独特な味。
確かに今まで食べたことのあるオリーブオイルとは違う。
違うけど、非常に優れているかと言うと、わからない・・・。
癖があって、それが美味しいというものなのか、それともそうでもないものなのか、私の経験値では判断がしきれません。
なんか残念。

でもこの独特の味はちょっと癖になるので(怖いもの見たさ的な?)、ちょこちょことサラダにかけていただいてます。
うん、まぁ、これがオリーブというものなのだろう。オリーブとはこのようなものなのだ。
一口一口そう感じながら食べるのも、なかなか面白いものです。
しかしストロング買わなくて良かった。というか、逆にストロングはどれだけ野趣あふれてるのか。ちょっと気になってきたりもしてます。

***

少ししてからまた買い物によって、今度は気になっていたオリーブ茶を買いました。

写真 2017-12-25 21 37 47.jpg

ティーパックになっていて使いやすいです。
味は、桑の葉(マルベリー)や柿の葉のお茶に似ています。でもそれより飲みやすいかも。
苦味はほとんど感じられず、野草感もほとんどなく、なんというか、ほの甘いような??
 私はマルベリーティーちょっと苦手。断然オリーブのほうが美味しいと思う。

オリーブの葉にはポリフェノールが含まれていて、オリーブにしか含まれない「オレウロペイン」が注目されているそうで。これは免疫力を高め、抗菌・抗ウィルス作用が高いのが特徴だそうです。ほー。
さらにアンチエイジングの効果が期待でき、抗酸化作用に優れメラニンの発生をを抑えてコラーゲンの生成を促進する効能もあるんだとか。
感染症予防や抗ウィルス作用のある「エレノル酸」や動脈硬化の予防に効果のある「オレイン酸」も多く含まれているそうです。

まぁ、これらの成分がお茶にどれだけ出てくるのか、そしてどれだけ体内に取り込めるのかはわかりませんが、割と癖がなくノンカフェインなので、気軽に利用できるのかなと思いました。

オイルとの癖の差がすごい(笑)

-----------------------------------------------------
↓ペットボトルのものもあるとは。
   
  
タイツとか、オリーブの利用の幅広さに驚く。
-----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2018年01月14日

ハンガリーからクリスマスプレゼント

ハンガリーの友人からクリスマスプレゼントが届きました。

え、今?(笑)

写真 2018-01-03 17 53 50.jpg

気にしない、気にしない。

カードがすごくかわいい。
これはハンガリーの伝統的なジンジャーブレッド、メーゼシュカラーチ (Mézeskalács)。
アイシングも素朴で、個人的にはアーティスティックでデコラティブなアイシングクッキーものよりも、このくらいのほうが可愛いと思ってる。

さて、プレゼントはというと、ペンダントヘッド。

写真 2018-01-03 17 54 03.jpg

Cifra Designっていうところのものです。
樹脂コーティングしたメダルのようなもので、ほかにもいろいろな種類やサイズがあります。
友達はクリスマスマーケットで通りかかって「私をあなたのもとに連れて行って、と言われた気がするんだよ」とファンタジーな事を言っていました。

小さいながらもハンガリー「らしさ」がぎゅっと詰まったメダル。
大事にしたいと思います。

-----------------------------------------------------
↓何がいい?ってリクエスト聞かれていて「刺繍」って答えていたのだけど(笑)
   
刺繍は自分でやりなさいってことか・・・?
-----------------------------------------------------

posted by badem at 08:00| Comment(2) | トルコ&中央アジア

2018年01月12日

FUKURE ふくれ菓子

ふくれ菓子ってご存知でしょうか。
私は全く知りませんでした。

昨年末何かを読んでいて、鹿児島に「ふくれ菓子」という郷土菓子がある。それをモダンでオシャレにしたFUKUREというお店がある、と、知りました。

すごくかわいかったので、早速購入。年明けにはじまる糖質制限についてはこの時はまだ知らず(苦笑)。

パッケージもおしゃれ。
写真 2017-12-29 15 17 13.jpg

わーなんか「素敵なギフト」感満載。
写真 2017-12-29 15 17 44.jpg

私が買ったのは、ふくれ菓子(緑茶)と焼き菓子の詰め合わせ。

焼き菓子は、ふくろうのフロランタン、島みかんのアマレッティ(アーモンドサブレ)、ローゼル(ハイビスカス)のクッキー、フラワーシャワー(ドライフラワーのクッキー)でした。

写真 2017-12-29 15 18 54.jpg

どれも悶絶の可愛さ。
とくにフクロウが「ちらり」しているフロランタン(最中皮にフロランタン)は激しくヒット。

で、本命のふくれ菓子。元々は黒砂糖風味の褐色の蒸しパン風の菓子で、重曹を使ってふくらますので「ふくれ」菓子。こちらのお店ではいろいろな風味があって、かなり悩んだ結果、「Kirishima(キリシマ)・・・鹿児島霧島産の有機緑茶と手忘豆を混ぜ込んで蒸し上げました。見た目も華やかで、和菓子に近い味わいです。」これにしました。

写真 2017-12-29 15 19 30.jpg
わーかわいい。

写真 2018-01-01 13 44 24.jpg
お味は非常になじみ深い、薯蕷饅頭(じょうようまんじゅう)のような味。
こちらのお店のふくれ菓子には、重曹だけでなく山芋も入っているからでした。
もっちり、あっさり。
日持ちが全然しないのが難点ですが、次はチョコ系とか、ちょっと変わった味を食べてみたいなーと思いました。←糖質制限やる気なし

----------------------------------------------------
↓そういえば今年のNHK大河は「西郷(せご)どん」でしたよね♪
   
鹿児島物産展とかもあるかな。
----------------------------------------------------


posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物