2017年02月28日

Tadaku 外国人から学ぶ料理教室 トルコ編☆

Tadaku(タダク) ってご存知でしょうか?
日本在住の外国人からその国の料理を学べるお料理教室サイトです。

各地に在住している方が、自宅で自分の得意メニューを参加者と一緒に作り、食べるので、その国に行って家庭料理をいただく感覚で参加出来ます。言葉も、日本語できる人もいますし、母国語以外は英語しかわからないという先生でも大丈夫。お互い第二外国語なら逆にすごくわかりあえますw。
しかも作るのは料理。 わからない現象はありません(笑)。

トルコ料理の教室もいくつかあるのですが、友達がやっているのをご紹介します!

*Ebruさん

東京のお教室なんですが、とても美味しいお料理をバリエーション豊かに作られます。
何より在住年数が長いので、日本人の好みをわかってメニューを考えてらっしゃいます。さらに、日本では全然知られていないおいしい料理もあったりします。材料も日本で手に入るものを使っていて、手軽に再現できるのも魅力。有名だけど普通の家でやらないものはやりません。
トルコ料理=ケバブ(肉)じゃないよ!

なにより、トルコでは家庭料理が一番美味しい!
私もたくさん旅行しましたが、レストランでいただくお料理よりも知り合った方のお家でいただくお料理の方がずっと美味しかったです。シンプルなのに奥深い材料の組み合わせとか、とにかく食べ飽きません。

2009 Turkey 0864.jpg これはトルコの朝ごはん。

日程あえば、ぜひ参加してみてくださいね。
愛知は外国人数は多いのに、こういうお教室はあんまりないので(お仕事で来られてる方が多いからかな〜。あとお子さん小さかったり…)、ちょっと残念です。(*・ω・*)

***

実は彼女のレシピ、私が校正しております(^O^☆♪
在住歴も長く、日本語もペラペラなんですが、やはり文書、特にレシピになると独特の表現があるため少しわかりづらいところがあります。もう本当に、ほとんど直すところはないんですけれど、数値や文中の言葉の揺らぎなどをメインにチェックしています。

参考にしているのはこちら〜


レシピの書き方だけでなく、素材や切り方、何が正しくて何が間違っているのか(○カペッリーニ×カッペリーニ、○ミニトマト×プチトマト)など、わかりやすく読みやすく書かれていますので、料理に興味のある人は持っていて損のない本だと思います。が、もう絶版なので、ぜひとも再販してほしいですね。。。

***

友達の教室は開催しはじめてから間もないのに、ほぼ満席!の大人気教室になったみたいです。
レシピやコツもたくさんたまってきたので、本にまとめられたらいいね、と話し合ってます。
友達が料理と各料理にまつわる説明やエピソードを書き、私が写真と絵を担当するという。

とっても美味しいトルコ家庭料理の本、出版に興味ある方いらっしゃいませんか〜(笑)。

----------------------------------------------------
↓杉浦さんの本もかわいい。

----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(2) | トルコ&中央アジア

2017年02月27日

アメリカ土産 大人のぬりえ

アメリカに行ってきた友達からお土産いただきました。

写真 2017-01-10 12 08 26.jpg

缶がかわいいこちらは、いま世界中で大流行の「大人の塗り絵」。
写真 2017-01-10 12 09 08.jpg
自律神経を整えたりする作用があるらしいですよ。

 火付け役はこの本かと。

でも中身にはこのオウム柄は入ってない、という。。。
写真 2017-01-10 12 09 31.jpg

そして色鉛筆は同じ色が2本入っているという、凡ミス。。。
写真 2017-01-10 12 11 47.jpg

ひさびさに「アメリカらしいな!!(≧∇≦)」を感じたお土産でした。

もう一つもらったのはファラフェルミックス。
写真 2017-01-10 12 12 40.jpg
ファラフェルは中東の豆(ソラマメかヒヨコマメ)コロッケ。
ピタパンとかに挟んで食べたりします。おいしいですよー♥

----------------------------------------------------
↓塗り絵もたのしい。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | アメリカ

2017年02月24日

ツバメヤ わらびもち と どら焼き

ツバメヤは岐阜・柳ヶ瀬にあるお菓子やさん。
「おやつこ」や「大地のおやつ」で一躍有名になったまっちんがプロデュースしてます。

 知っている人は知っている。

大名古屋ビルヂング店。今日は列が短い!
写真 2016-11-21 12 45 09.jpg

看板商品の黄金わらび(わらびもち)を購入してみました。
写真 2016-11-21 18 16 26.jpg

持ち帰り中もとってもいいにおい。常温で持ち運べます。
写真 2016-11-21 18 20 11.jpg

こちらは国産大豆の甘みをいかした浅煎りの特別焙煎きなこ。
11時からと17時からの2回に分けて販売しています。

おいしいんですけど、柔らかさ以外はこれといって特徴が…(*・ω・*)

わらび餅ですが、実は本店のものとは違うようで、本店のものはもっと粘り気の強い独特ものなのだそうです。国産大豆を深入りに焙煎した香ばしいきなこを使っているのだとかで、これは食べてみたいです。11時より販売開始で、平日のみ予約可だそうです☆気になる〜。

どら焼き
写真 2016-11-22 9 43 54.jpg

大き目のどらやき。食べごたえがあります。

柳ヶ瀬は商店街がダメになってから復活したところのようで、すごくいってみたい場所です。
----------------------------------------------------
↓雑貨店などに置くことで爆発的人気を得た商品たち。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2017年02月22日

仔犬印ポット用 ティー・コージー

Elementary(エレメンタリー)のシーズン1-15"A Giant Gun, Filled with Drugs"(邦題は「過去の亡霊」)を見てましたら、ホームズ( ジョニー・リー・ミラー)がお客さんにお茶を入れるシーンが。

写真 2017-02-20 17 54 06.jpg
ティー・コージー(tea cosy、米語ですとtea cozy)をかぶせてます!!

写真 2017-02-20 17 54 24.jpg
超ダッサいのがかわいい。

このドラマ、結構な年のはずのルーシー・リューがかなりミニスカートをはいていて、勇気づけられるシリーズですw。

 
カンバーバッチのホームズも最高ですが。

さてさて、このティー・コージーをみて、去年買った仔犬印のティーポットに合うものを作ってみました。

写真 2017-02-20 14 44 25.jpg

かわいい♥

イギリスゴム編み、という編み方をしております。
これは何ぞや?
普通のゴム編みとかけ目、すべり目を組み合わせて厚みを出したもので・・・
詳しい編み方は→こちらのブログを参考にさせていただきました☆

ティー・コージーはいろんなタイプがあるのですが、脱着しやすいニットキャップタイプに。
平面に編んで、二つ折りにする形にして脇をかがり、取っ手と注ぎ口だけをあけておく形にしました。
どっちの穴がどっちかわからなくなってしまうので、取っ手のほうにはタッセルを。
上をきゅっと絞ってポンポンをつけたのでちょっと長さが足りなくなって、底のほうはかぎ針編みでちょっと足しました☆

かわいくて役に立ってます。

----------------------------------------------------
↓包み込むタイプのものもあります。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | クロシェ&ハンドメイド

2017年02月20日

カザフの刺繍ワークショップ

遊牧民の調べコンサートを全国で開催しているしゃがあのスタッフでカザフ刺繍の専門家・廣田さんに刺繍ワークショップを開催していただきました。

写真 2017-02-11 13 56 56.jpg

今回は昨年の木枠に布を張ったものをドスドスやるかぎ針刺繍(ビズ・ケステ)ではなく、縫い針でちくちく縫い進める針刺繍(ケステ=刺繍全般)。
この「しゃがあ」の刺繍ワークショップは文化紹介の意味合いも濃いので、いろいろなお話が聞けて楽しいです。

DSC05819.JPG

まずは、バスパ・ケステ。
文様の内側を埋めるもので、1本の糸を同じ糸で留めていく刺繡技法です。
ものすごく細かく刺すとぽこぽことタオルのようなデコボコ感とボリュームが楽しめます。
DSC05821.JPG
キルギスでもこの刺し方はあって、「バスマ」といいます。

もう一つはチュラシ・ケステ。
縁取りや、アップリケ布を押さえるときに使うステッチです。
オープンチェーンステッチがダブルになったような。
DSC05832.JPG
これはキルギスでは「イルメドス」といいます(^^)。

ちょっと練習。
DSC05831.JPG

本番のトートバッグに行きます。
写真 2017-02-12 13 35 28.jpg

・・・苦笑。

考えなしに進めるとダメですね。。。
おうちに帰ってからやり直しました。

写真 2017-02-15 13 26 48 (1).jpg

ぽこぽこ羊さん。羊をさし終えて、チュラシ・ケステを刺してないことに気づいて左右に加えてみました。
まぁまぁ。

刺繡前の下絵布も見せていただきました。

DSC05834.JPG

星空みたい!!
下絵に穴をあけて、上から白の染料を塗ると布に点々がうつるしくみです。
本当にきれい。
そして、これをドスドス刺繍していくのかぁ・・・やりがいあるだろうなぁ・・・。

***

今回面白いな、と思ったのが、運針の方向。
西洋や日本の刺繡は横や向こう側に進めると思いますが、カザフの刺繡は手前に進みます。
どのステッチも手前に針先を向けて、手前に進んできます。
廣田さんは「他人に針を向けない、という彼らのメンタリティを表していて、非常に興味深い」と仰ってました。
確かにチェーンステッチなどは手前に進むと進みやすく、私にはこの方向があっているのじゃないかなと思いました。

以前民族衣装のベストを縫ったときにちまちまチェーンステッチをしたのを思い出しました。
(気付いたら7年も前の話でした。。。)
20101028-06.jpg

現代のキルギスの衣装の刺繡はシンプルにチェーンステッチの往復が多いのです。チェーンステッチはかぎ針でしても針でしても「イルメ」といいます。
更にビーズとスパンコールをさして。
20101028-08.jpg

この時手前に進むのを知っていたら、もっと早く刺せたかもしれません。
20101028-07.jpg

たまには刺繡も楽しいものですね(*´Д`*)

----------------------------------------------------
↓小さくてもちゃんと形になるものが満足度高いですね。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | トルコ&中央アジア

2017年02月14日

三島食品 ふりかけ 個包装

去年いろいろな方へのプレゼントで使ってたものが、三島食品のふりかけ5種類セット。こちらは三島食品のオフィシャルサイトでないと買えません。

まず外パッケージがおしゃれ!! FURIKAKE!フリカケ!

DSC05195.JPG

中を見てもカラフルでおしゃれ。

DSC05198.JPG

パッケージもおしゃれ。YUKARI。

DSC05199.JPG

入っているのはゆかり、瀬戸風味(かつお)、いわし、ごま、うめです。
どれも定番の美味しさで、外国人の友達にあげたら、子供があけて普通にスナックとして食べてました(驚)。
食べやすい良いサイズだったそうです(苦笑)。

ふりかけをかけすぎると殺人未遂事件にも発展しますからね(笑)、ご注意ください。

キャンペーン中だったようで、おまけがついてました!
DSC05203.JPG
のり弁の秘密
玉子菜めし

のり弁の秘密は、かつおメインのふりかけ。のり弁大好きな夫も「すごいアイディアだ、これ」と言ってましたが、これ、のり弁にしてしっとりさせない限りあんまり良さはわかりません。普通にご飯にかけて食べるなら、普通のふりかけのほうがおいしいかな。

菜飯も好きなのでおいしくいただきましたが、玉子はちょっと、いらないかな。ノーマルが美味しい、という結果でした。でも新製品を試させてもらって、うれしかったです。

----------------------------------------------------
↓ゆかり、まさかのペンスタイル。超ほしい。
 
社長が以前テレビで「キャバクラで受けると思った」とかなんとか仰ってました。かっこいい。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2017年02月10日

久遠チョコレート

そろそろバレンタインデーですね♥
旦那さんもいるし仕事もしてないし交換するような子も周りにいないし、と、イベント的には全く盛り上がらないのですが。。。
この辺りではいつも名古屋の高島屋(アムール・ドュ・ショコラ)と松坂屋(ショコラプロムナード)のバレンタインフェアを大特集しています。
「新幹線で高島屋に行ってきましたぁ〜♥」っていう人もいるくらいです。びっくり。

そんななか、去年くらいからすっごく気に入ってるチョコレート屋さんが、豊橋の久遠チョコレート
かなり暗めの商店街(アーケード)のどんづまりにあります。

チョコレート×障がい者福祉で社会をあっと驚かす。が、コンセプト。
障がい者の方々を雇用して、チョコづくりをしているのだそうです。
かといって、チョコのレベルが低いわけでもなく、お仕事はきっちり。
パッケージもおしゃれ。
おいしいもの、ほしいものを買って社会貢献にもなるという、私の好きなタイプの「人助け」です。

元々京都のメーカーだと思ってましたが、本社は豊橋なんだそうです。

*久遠フルーツ と 和三盆アーモンド
写真 2016-11-01 17 19 01.jpg

久遠フルーツはいろんなドライフルーツにチョコがついてるもの。意外な組み合わせでは、トマトとホワイトチョコも。
売り子さんが「うちのおばあちゃんも好きなんですよー!やわらかいから食べやすいし」っておっしゃってて、ずいぶんハイカラなおばあちゃんだな、と思ったんですが、、、よく考えてみたらかなり若い子だったので、私の母親世代くらいがおばあちゃんなようです。おぉ。。。

写真 2017-01-20 19 26 07.jpg

和三盆アーモンドは人にあげたのですが、とっても好評でした。
お酒を飲む方にも、白ワインなんかにおつまみとしてよく合います。

*久遠テリーヌ
写真 2016-11-01 17 19 47.jpg

チョコベースに黒豆やドライフルーツなんかを合わせた新食感チョコ。
全部試食して選べるのですが、お気に入りの味は ホワイトチョコ(ホワイトチョコ+ペカンナッツ+ヘーゼルナッツ)、アップル&紅茶チョコ(紅茶チョコ+蜜漬けリンゴ+ドライリンゴ)、抹茶&次郎柿チョコ(緑茶チョコ+ドライ次郎柿)。ベリーベリー(イチゴチョコ+フリーズドライいちご+ドライいちご)も好き。
どれもすごく美味しいです。
何かのついでに差し上げた方々には全員大好評いただいてまして、「今まで食べた中で一番おいしいチョコ」と言ってくださった方も。

残念ながら通販はしていないのですが、Social Cool Japanというサイトで、テリーヌのセットとかいくつかは買えます。

調べてみたら第一号店はやっぱり京都なんだそうです。ニュースタンダードチョコレートキョウトby久遠というそうで、設立当初のお話なんかがウェブにのってました

障がい者の作品を市場経済に乗せる活動をすでにやってらした方だから、うまく軌道に乗せられたんですね。
限られた自分の能力の中でより良くできることはなんだろう、自分も他人も幸せになれるものってなんだろうと探し追い求めるという作業は、健常者も障がい者も変わらないのじゃないのかな、と思います。

・・・とかなんとか言いつつ、夫へのチョコはベルアメールのパレ・ショコラなんですけどね。
( ´艸`)ブルーアールグレイと福岡あまおう。

写真 2017-02-10 13 44 22.jpg 私も食べたい。

----------------------------------------------------
↓ティラミスチョコも美味しいよね。
  
----------------------------------------------------

別の日に買った、新作・ショコラ・オランジェット。
20170210-1.jpg
普通と違ってかなりじゅるじゅるなオレンジですが、美味しかったです。

  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2017年02月08日

サニタリーポーチ & ナップサック & コースター

家のあまり布の消費をちまちまとしています。
副資材を買いに行くと、またまた布もほしくなっちゃって、本当に悪循環なんですけどねぇ。。。

まずはサニタリーポーチ。

写真 2017-02-08 14 10 35.jpg

とりあえず作ってみました。最初作った一番上のは、どこが外側に来るかわからなかったので間違えて柄が内側になってしまいました。。。くま2つは成功。ようやくわかった。

Kokka-Fabricのサイトに作り方は載っています。超かんたんです。

ぱかっと二つ折りにして、左右のポケットにナプキンなどいれるもので、薄型なら2個ずつくらい入ります。
私は片方にナプキン、片方にタンポンでしょうか〜(*・ω・*)
超コンパクトでかわいいし、バッグの中が見えた時にも中身はわからず便利です。

写真 2017-02-08 14 11 40.jpg

次にナップサック。

写真 2017-02-08 13 02 54.jpg

この布は〜一目惚れで買ってしまったんですよね。

写真 2017-02-08 13 03 04.jpg
リアル猫は嫌いなのに(笑)

いつも作ってる取っ手付き巾着にタブをつけて、ひもを長くしただけ。お風呂の着替えとかを入れておきたくて、ざぶざぶ洗える裏地なしにしました。
子供にはちょうどいいかも。大人としては、もうちょっと大きくても良かったかな。
もちろん使うのは私ですけど(苦笑)。

それと、コースター。
フードドライヤーを作ったときにマチをつけて、そこで切り抜いた残りの正方形で。

写真 2017-02-08 13 02 27.jpg

裏はかご柄、表はチェック。
赤のチェックって、なんだかすごく気分があがります。テーブルクロスが赤白チェックのお店にハズレはないな!って勝手に思ってます(笑)。

20140917 Hungary 108.jpg ホルトバージ(ハンガリー)で

----------------------------------------------------
↓ナップサックって意外に便利よね。
   
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | クロシェ&ハンドメイド

2017年02月05日

マシュマロフォンダント・レース カップケーキ

最近、ぎゅーっと詰め込んでシュガーアート系デコレーションを習っております。
なんでか?といえば、そもそも興味があったのと、いつもお世話になっているLui's Cookieさんが自宅レッスンを終了されるから。

やはり自宅教室というのは見知らぬ人の出入りがあるため一戸建てではない限り難しいようで、Miyuさんもやっぱりマンションのほかの住人の目は常に気にはなる、とおっしゃっていました。
・・・まぁ、そうでしょうね・・・。

でも彼女はバイタリティあふれる方なので、新しくレッスンルームを借りることにしたそうで、4月からはそちらにレッスン場所を移されるそうです。
遠いからなかなかうかがえなくなっちゃいますが、また機会があれば是非習いたいです。

今回習ったのはマシュマロ・フォンダント・レース。

写真 2017-01-30 12 15 26.jpg

こんな繊細なレースが超簡単にできちゃいます。ホントにすごい。
Youtubeで見て自分でやってみたときは本当に全くできなかったのに。

写真 2017-01-30 11 36 40.jpg

でもはじめてだと多少は難しくて、細かいところはちょっと詰めきれず。

写真 2017-01-31 9 47 55.jpg

何度かやればうまくできそう(*´Д`*)
ただし、マシュマロフォンダント協会が特許出願中なので、ほかの人に教えたり、営利目的で使用してはいけないそうです。
マシュフォン協会の創立者の方、超華やかですが、ブログを拝見すると「今晩チワワ」とかオヤジギャグをかっ飛ばしています。

こちらのマシュマロフォンダントレース、シュガーヴェール(アメリカ)やトリコミックス(イタリア)で出来たレースと違って、しなやかで長持ちします。
 
どちらも扱いが難しく、非常にメンドクサイものです。

さて、レースとマシュフォンを使ってミニカップケーキをデコります。

写真 2017-01-30 13 12 07.jpg

超楽しい。

おやつとして同じものを出していただきましたので、自分で作った分はお持ち帰り。

写真 2017-01-30 13 19 54.jpg

こちらで使われているのはウェハーペーパー。

写真 2017-01-30 13 21 26.jpg

とっても繊細な飾りです。でんぷんで出来ているので、最中の皮みたいな食感。味はほぼありません。


クラフトパンチで抜いているそうなのですが、ご一緒した方で「クラフトパンチって何ですか」って仰ってた方がいらして、「えーと、パンチです、ほら、ばちんと押すと紙が型通りに切れて出てくるというか・・・穴あけパンチの飾り版みたいな??」と説明したのですが、イマイチうまく伝わらなかったようでした。
全く見たことも使ったこともないようで、確かに、相手が全く知らないものを説明するのって難しいなぁ、と改めて思いました。

愛知に引っ越してきてから割とこういうことがあって、最近ではほぼ同年代の方と中華料理を食べて「キクラゲって何?一般人でも買えるの?スーパーには絶対売ってないよね」と聞かれたのと、ココナッツファイン(フレーク)を食べて「これなんでしょう?」「ココナッツですよ」「いやいやそんなわけのわからないもののはずがない」という押し問答がありました(苦笑)。

自分の常識=他人の非常識 ですよね。

----------------------------------------------------
↓クラフトパンチはこういうのです。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 1day lesson & Event

2017年02月03日

よいことパン 食パン

いま、食パンが流行ってますよね!(愛知だけ?)
テレビ番組いわく高級食パンもバカ売れしているそうで、これで景気が悪いだなんて、言わせない(笑)。

よいことパンは吹上に本店のある食パンのお店。名古屋駅の名鉄改札口付近にも売店があります。

写真 2017-01-31 13 25 13.jpg

よいことパンは製粉会社から生まれたパン。厳選した北海道小麦3種を独自ブレンド。さらに砂糖を一切カットして、国産のもち米・米こうじ・米焼酎からつくった本みりん「九重櫻」を使用。バターの代わりに太白胡麻油を使用。そして炊飯した玄米を入れることで、パンに自然な甘みと香ばしさがプラスされています。

コンパクトなサイズですが、一応通常の一斤サイズの量はあるそうです。
焼くとかりっと、かつもちもちしていて、目をつぶるとあっさりしたお餅を食べているような気分になります。

写真 2017-02-01 12 37 54.jpg

夫は砂糖も練乳もたっぷりの業務スーパー食パンが大好きなのですが、このパンは「なるほど、砂糖がはいらないとこういう味になるのか」といいながらしみじみ食べていました。ちゃんとしていて美味しいとのこと。でも「ほぼ餅味だよね?」と言いながら、バターをつけたあとお醤油をたらり。磯辺巻きみたいな風味になってました。これはバター+海苔の佃煮も絶対おいしいでしょうね。


この本でハマった、つくだ煮トースト。ほんと、おいしい。

私はモチモチ感とさっぱり感、あと玄米が好きなので、毎日食べるものとしてはすごく「良いもの」だなぁ、と思いました。頻繁に買える値段ではないけれど、たまにはいいかな、と。
駅ではあんこ&きなこサンドも売っているので、今度はそれも食べてみたいです。

最近は全国配送もはじめたみたいですよ〜。

----------------------------------------------------
↓デニッシュ食パンも好き。
   
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物