2017年11月21日

遊牧民の魂 オルド サフナ来日公演2017

遊牧民の魂 オルド サフナ来日公演2017の第一回、赤坂公演が11月19日に無事終了しました。

写真 2017-11-19 12 54 00.jpg 赤坂区民ホール 
さすが赤坂、すんごい建物。

私は実行委員会の一員で8月くらいからずっと関わっていたため、この日を無事に迎えられたのは本当にうれしかったです。今まではずっと印刷物のデザイン関係とウェブサイトの作成管理という超孤独な作業だったので、当日は物販のお手伝いができてたくさんの人と喋れたのも良かったです。

写真 2017-11-19 15 31 51.jpg

人に説明しながら物を売るのは楽しいですね。
今回とってもいろんなものがあって、その分管理や値段付け、説明などは大変でしたがお客さんも楽しんで買い物してくださってました。
説明しながらつい私も買ってしまった、ヘタウマな馬とミニショルダーポーチ。

写真 2017-11-20 11 22 04.jpg
かわいい
写真 2017-11-20 11 24 53.jpg
イベントなんかの時にキルギスの衣装と合わせて使えて便利。

演奏はもうホントに、プロもプロなのでとっても素敵でした。

まずはマナスチ(英雄叙事詩マナスを語る人)の朗誦から。こういう物語の朗誦は言葉がわからなくてもなんとなく雰囲気伝わります。今回はマナス死後、妻カナケイがいろんな男に言い寄られるも、愛馬タイトル(っていう名前の馬です)がその窮地を救う、というところ。バツイチを気にしない男たちの文化、いいですね(笑)。
写真 2017-11-19 18 40 08.jpg

コムズとテミルコムズ(鉄口琴)、ジガチオーズコムズ(木製口琴)、クルクヤック(バイオリンのような楽器)とチョポチョール(オカリナ)、スブズグ(横笛)あたりはメジャーな楽器なのでよく知っていましたが、バス・クヤック(ソ連時代に改良されたクヤックで、チェロのよう)は初めて見ましたし、ケルネイ(縦笛)も、トルコのネイに似てますけれど実際聞くのは初めてで。
写真 2017-11-19 18 48 21.jpg
でもクヤック類は譜面台に隠れてあんまり見えなくて残念でした。まぁ、弾くポジションが低いですから仕方ないですね。

私も持っているCDに入っている曲や、私が習った曲もいくつかあって、どの曲も聴きごたえ&見ごたえ(重要!!)あるものでした。
演奏者の皆さんがとっても楽しそうで、声かけあったり顔を見合わせたり笑顔だったりしてさらりと演奏しているのが印象的。それだけ自然にできるってことは、技術があるってことですからね〜〜。私には絶対真似できません。。。

途中に挟まれた、今回の舞台監督さんプロデュースのファッションショーも見事★
写真 2017-11-19 19 13 23 (1).jpg

伝統にちょっとモダンを足してあって、とっても素敵でした。
写真 2017-11-20 16 44 13.jpg 着られるなら嫁に行ってもいい

今回は流れを大事にしたいということで、ファッションショーの時以外はナレーションがなく、わーっと続けて曲が演奏されてました。全18曲!すっごくボリュームがありましたが全く飽きることなく楽しめました。
そんな時役立ったのが、配布資料☆ チラシ同様この資料も文字が多くてレイアウトに頭痛がしましたが(文字は結構大変なんです)、いまそれが役立ってる!!すごいわかりやすいし解説豊富!!と、改めてみんなで知恵を絞っていいものができてよかったなと思いました。

そして何より驚いたのが、キルギス大使が演奏前のあいさつで協力者として私に言及してくださったこと。前の大使とは何度もお話したことありましたが、新しい大使にはお目にかかったことがなくて。でも今回は主催者ということで、あれこれ間接的にはやり取りをしていました。大使館側の要求もいろいろあったので共催側と折り合いをつけられるようアレンジしたり、新しくいろんな素材を作ったり。でもまさか名前を呼ばれるとは。きっとどなたかが伝えてくださったのだと思いますが、これで長らくの徹夜仕事も手の腱鞘炎もチャラになりました(笑)。やっぱり自分のしたことが人に認められたと思うと、一言だけでも本当に嬉しいですね。

というわけで、とても素晴らしかった演奏会、第2回が今度の金曜、11月24日(金)19時から、白金高輪であります。平日なのでお仕事帰りにも来られるように、この時間です。
白金は昔の職場があるところなので、個人的にはこっちに行きたかったのですが、、、さすがに何度も東京を往復はできません。
私は行かれないのですが、まだチケットあるみたいですので、興味ある方は是非是非!!チケット申し込んで見に行ってください!!

キルギスの音楽は 聴くより見るほうが絶対に楽しいんです!!
posted by badem at 08:00| Comment(0) | トルコ&中央アジア

2017年10月29日

大井川鐵道 お土産

大井川鐵道は静岡県島田市の金谷駅と同県榛原郡川根本町の千頭駅を結ぶ本線がメインの鉄道会社。
SLが頻繁に走っていることでも有名で、機関車トーマスのSLもあったりして、全国から鉄道ファンが来ているみたいです。



この沿線にある道の駅(兼・銭湯:川根温泉)にたまに行っていたのですが、今回は夫が仕事で泊まり&SLに乗ってきました。
私のほうが鉄道好きなのに!!ずるい!!私も乗りたい!!
とかいっても、相手は仕事なので仕方ないです・・・

お土産を買ってきてくれました (*´Д`*) わーい

*動輪焼き

写真 2017-09-08 18 48 55.jpg

テレビでもたまに紹介されているもの。SL内でしか買えないとか。タイトルは右から左なのに、小豆の産地とかは左から右に読みます。アヤフヤ。
なんと、かなり重いパッケージなのに3個入り。3個しか入ってない。

動輪(車輪)の焼き印の入ったどら焼き。
写真 2017-09-08 18 53 24.jpg

すんごい量のあんこ。
写真 2017-09-08 18 57 27.jpg
これが重さの原因。
でも案外あっさりしていてさらりとおいしくいただきました。

*SL焼き
写真 2017-09-08 18 48 44.jpg

これもSL内のみなのかな??緑茶あんの入った人形焼きです。
写真 2017-09-09 17 46 47.jpg
SL型してる。

こちらは鉄道情報カードが入ってます。全国各社であるシリーズみたいです。
写真 2017-09-08 18 49 06.jpg

*お茶
写真 2017-09-10 16 12 21.jpg
トーマス柄で、子供にも飲みやすいように低カフェイン(ノンカフェインだったかも?)&ノンカロリーと書いてありますが、かなりしっかり苦いです。
販売は静岡の会社ですが、製造者は群馬の会社。

これは「おちゃ」というひらがなの文字がツボにハマったらしく・・・。
「おちゃって、なに、なんか変だよね、ふふふ」と言ってました。確かにひらがなで大きく書くと変ですね。

これらにプラスして、川根のお茶と紅茶を買ってきてくれました。
いつも私がおいしいと言って飲んでいるので★

それにしても、こんなに近いところを走っているのだから、私も絶対に乗りたい!!!
まだまだ先になりそうですけれど・・・。
----------------------------------------------------
↓川根茶はおいしいです。
  
 
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2017年10月23日

Dance Dance Istanbul 無事終了

先日お話ししていたDance Dance Istanbul というトルコのフォークダンスイベントが、無事、しかも超盛況のうちに終了しました。

私も本当に久しぶりにトルコの踊りを見られて、すごく感動しました。

トルコの民族舞踊は超チームプレーなのです。が、今回参加されているダンサーは全員ベリーダンサーという、超・個人メインで活動されている方々。これは本当に大変だったと思います。チームプレー、アドリブ(基本的には)なし、フォーメンーションの変化、音楽に合わせたステップの急な入れ替わり、そしてステップを踏む上下運動メインという、ベリーダンスと違う体の使い方。
短い期間でこれだけのものに仕上げた、というのも、やっていたからこそわかる大変さがしみじみ感じられました。

さて、当日はさらっと流されており、プログラムについてはほぼ紹介されていなかったので、ちょっとだけプログラムをご紹介。

最初にカディッシュ(トルコのグループ)が踊る戦いから入り、川をイメージした踊りへ。
だいぶコンテンポラリー・・・。
DSC07590.JPG

アドゥヤマン(収穫&農作業&雨乞い)
DSC07604.JPG
これは普通にアドゥヤマン地方の踊りとして有名です。
衣装がみなさんばらばらの地方のものを着ていて、華やかだし紹介としては本当に素敵。
DSC07610.JPG
ですがちょっと、アルトヴィン(黒海沿岸・北部)の衣装でひょうたん持って農作業(南部)は、個人的には違和感ありますね。。。(笑)

次にカディッシュが麦の踊り。
DSC07619.JPG

そして突然のアーシュク・マーシュク。トルコのベリーダンスじゃない腹踊り。コミカル系です。
DSC07632.JPG
今回キスはしなかったような。大統領府直属の文化教育機関主催だったからでしょうか。

次はカディッシュのMirkut。
DSC07638.JPG

そしてホッパ東京のカラデニズ(黒海)。
DSC07644.JPG

休憩を挟んで、ナズイレメ。
DSC07647.JPG
嫌よ嫌よも好きのうち、みたいなストーリーです。カフカス(コーカサス)の踊りですが、何故か男性はアルトヴィンの衣装。
女性は以前カフカスのチームにいた方なので、指先までしっかり神経がいっていて本当に素敵でした。

カディッシュで戦い〜平和まで、カフカスっぽい踊りで。
DSC07663.JPG
この衣装かっこいいですね。なんか、アニメみたい。
後ろにはなぜか富士山・・・

セマー(メフレヴィー教団の旋回舞踊)っぽいのを挟んで、、、
DSC07667.JPG

ホッパ東京でシリヴリ。トラキア(トルコのヨーロッパサイド)の踊りです。
DSC07679.JPG

カディッシュで7つの地域ミックス。
DSC07681.JPG
これはエーゲ一帯のゼイベク。

ファイナルはカディッシュがカラデニズ(黒海)を踊り、最後に全員のダンサーさんが出て来て同じのを踊るものでした。
DSC07698.JPG
海賊みたい。

これ、盛り上がりましたー★★やっぱり黒海は見応えがあります。
DSC07710.JPG

楽しかったーと、思ったのですが、ふと気づくと、いわゆる民族舞踊らしい民族舞踊はちょこっと、しかもホッパ東京がやったやつばかりだったな・・・と。
トルコのチームのものは、ストーリー性のある、民族舞踊要素を盛り込んだコンテンポラリーダンスという印象。
というか、昔ロード・オブ・ザ・ダンスというアイリッシュダンスミュージカルが世界を席巻したことがあったと思いますが、トルコでも似たような流れでアナドル・アテシ(Fire of Anatolia)という有名なグループがあります。そこはかなりこういうアーティスティックなダンスをしており、それが流行ってはいるのですが、それを超えるかというほど今回は現代的な踊りでした。
いいんです。別に。そういうダンスもありだと思います。見応えありますし、ダンサーさんたちのレベルも高いし!ある意味メリハリがあって、飽きないという点ではよかったのかもしれません。
でも正直、もうちょっとオーセンティックなものも見たかったかなぁー。

後ろのスクリーンにトルコの伝統マーブリング(エブル)の実演を流しながら、というのも新しくてなかなか面白かったです。が、どっちを見ていいのかわからなくなることもあり・・・踊りを見ていたら、いつのまにか素敵な絵が背景に出来上がっていたり(苦笑)。

ところで、パンフレットにはちゃんと私と友達の舞踊家さんの渾身の解説も使って頂けて、見ごたえあるものに出来上がっていて嬉しかったです。

が!!

今回踊られたアドゥヤマンの踊りの説明のところに、なぜかシリフケ(イチェル)の絵が来てました。

写真 2017-10-19 1 02 42.jpg

正しくはこれ。

写真 2017-10-19 1 03 40.png

うわーーーなんでだろーーーと思ったら、どうやら主催者側の持っているシリフケの衣装と、アドゥヤマンの衣装がかなり似ているというか、アドゥヤマン寄りのシリフケの衣装を買っているらしく(場所的には近い)、この二つの区別がつけにくかったのではないかとのことでした。
確かに今回踊ってた方の衣装を見て「え、これ、シリフケなの?」って思ってました。

DSC07604 - Copy.JPG

でも別に私が持っている資料のシリフケの衣装と今回の衣装が違っていてもそれが間違いというわけじゃないし、衣装の色柄やパーツは自由になってるところもあるので、トルコは民族舞踊の衣装にも寛容なのです、と、いうしかないです(笑)。

それに この間違いに多分誰も気づかない(だろう) という現実も。

まぁ、でも、男の人の衣装が全然違うのでね・・・( ̄◇ ̄;)

このブログを運良く読んだ方は是非、↑こちらがアドゥヤマンの衣装だと、ぼんやり覚えてください。

----------------------------------------------------
ちなみに、ロビーでは各地方のダンス衣装が展示されていましたので、それもご紹介しておきますね。あんまり見てる方いなかったみたいで、きれいに写真が撮れたのはうれしかったですが。。。

*アルトヴィン
写真 2017-10-18 18 40 06.jpg

*トラキア(エディルネ)
写真 2017-10-18 18 40 13.jpg

*シリフケ(イチェル)
写真 2017-10-18 18 43 56.jpg

*ガジアンテップ
写真 2017-10-18 18 44 30.jpg

*アドゥヤマン
写真 2017-10-18 18 44 41.jpg

*エゲ(イズミール)
写真 2017-10-18 18 44 08.jpg

男女ともに頭飾りが素敵なんです。男性はオヤ付きスカーフをぐるぐると。
写真 2017-10-18 18 46 44.jpg

*?
写真 2017-10-18 18 43 40.jpg
これがちょっと組み合わせが謎でした。
左の男性ものは黒海(トラブゾン)なんですが、右の女性ものが・・・カフカス?アンカラ?または宮廷衣装のような。定かでないです。
黒海の女性ものの衣装は全部使ってるからなのかな?
どちらも素敵ですけれども。
posted by badem at 08:00| Comment(2) | トルコ&中央アジア

2017年10月15日

オカメまみれの日々

久しぶりの更新です。。。

この1ヶ月、嵐のように忙しく。。。
前も忙しいとか書いていたような気がしたのですが、あれはいただいた仕事がキュウキュウなスケジュールで忙しかったんです。
で、それも一段落したところにやってきたのが

新しいオカメのヒナたち

・・・Σ( ̄ロ ̄lll) エッ

しかもほぼ同日齢の子が3羽

・・・Σ( ̄ロ ̄lll) エッ

写真 2017-10-05 9 29 52 copy.jpg

いや、まぁ、かわいいですよ?かわいいですけど・・・

2−3時間おきに餌をあげなくてはならず、しかも実験に使う子たちなので、全員別々にわけて管理。
しかも音声もこの時期は独特で、逃すととれなくなってしまうため個別に記録し続けなければなりません。
そして各自しゃべるようにする、歌を歌うように教えるという、実験のキモの一大事業が私の肩に。

・・・Σ( ̄ロ ̄lll) なんてこった!!

そして現在の私の1日のタイムスケジュールがこんな感じに。

2017-10-15 10.35.02.jpg
ちなみに大中小はオカメたちの仮の名前。サイズ通り、見たまんまです(笑)。

でも3羽もいると、みんなが一斉に「出して出して!」「遊んで遊んで!」「私、私、私!」と主張してきて、本当に大変。1羽出して録音してると、必ず後ろには他の2羽がキョンキョン「なんで私出してくれないのー!!」って言ってる声が入っちゃいます。。。でもその切れ目で出した音を拾うしかないから、とりあえずとるしかない。

1羽ずつ、出して、録音しつつ餌あげて、飛ばして(勝手に飛ぶけど)、いっぱい名前を呼んで話かけて(←これ重要)、また餌をあげて、体重を測って、戻す。

これを3羽やると、もう汗だくです!!
そして1時間強が過ぎ、、、

数時間後にはまた同じルーティーンが。

そしてこれと別には先輩オカメのお世話(というか真剣に遊んであげないと大騒ぎするし、拗ねてしゃべらなくなる)があります。
朝晩各1時間。
贅沢な奴め。

そしてうちは夫がいる(起きている)時は原則私はパソコン作業しないのが暗黙の了解なので、夫がいない時か寝ている時にしかパソコンが使えず、しかもありがたいことにいくつか仕事を任せてもらっているのでそちらの作業が優先されてしまい、こちらのブログはすっかり更新できないことになってしまいました。

ネタは溜まってるんですけど。。。
文章を書くのって、意外に時間がかかるんですね。。。

幼オカメたちは今は「さし餌」といって、人の手で適温の流動食をあげないとダメなのでそれに手がかかっているのですが、数ヶ月すると自分で餌を食べるようになります。
そうなると、先輩オカメと同様、真剣に遊んであげなくちゃいけない時間は1回あたり30〜1時間ですみます。っていっても3羽いたら1羽30分でも1時間半かかるわ。15分〜20分が限度かなぁ。それが1日2回くらい。1日1回30分しか遊ばない人もいるみたいなんですけれど。

でもそれでは到底 しゃべるようになる=人間とコミュニケーションとらずにいられない までの依存度は高められないわけで。。。
先輩オカメは起きている間中ずっと人のいる部屋にいて、そして周りから人の声しかしないところで育ったので、非常にわがままですがよく喋ります。

写真 2017-08-13 18 48 00.jpg きゃはは。とか笑う。

いまの3羽は、鳴いたら他の子が鳴き返しちゃう。姿は見えないけど。
鳴き交わしこそがコミュニケーションの肝なので、呼ばれたらすかさず名前を呼びかえさないと覚えてくれないのですが、、、
3羽もいると、どれに話しかけても全員鳴く(苦笑)。

そりゃ、普通の家なので別々の部屋に置けないのは当たり前なのですが、これはどうにもいただけない。でも仕方がないですね。。。
なので、出している時に大騒ぎする他の子を無視して、めちゃくちゃ話しかけてます。
これでなんとかならないかなぁ。。。

ちなみに3羽も同時にうちに来る羽目になったのは、大人の事情があってなのです。
私が大変な思いをするかもしれないけれど、夫の仕事での精神的&物理的な負担が減るなら、まぁいいか。いいよいいよ。持ってきたら。そんな良妻的発想で引き受けたものの、1羽か2羽だったらまだマシだったよなぁ。。。と、しみじみ思ったりもします(元々は2羽の予定だった)。

最初のうちはもっと餌やりの回数が多かったため(生まれて少しのヒナは1日6回)、私がバテてご飯も全く食べられず(朝昼は忙しくて無理)、汗だくになる一方なので「オカメダイエットができる」とか思ったものですが、そんなことでは体重は1キロも減らず。人間はなかなか頑丈に出来ています。
私は死ぬわけでもないことで大変大変、忙しい忙しい、だからあれできないこれできないとか言いたくない性分なのですが、さすがにこれは大変です。。。

兄弟プラス双子や三つ子を抱えるお母さんのお気持ち、お察しします(苦笑)。
でも子供ならまだいいのは、大きくなったら自分のことを助けてくれるかもしれない。一緒にお出かけもできる。でもオカメたちはいつまでたってもオカメ・・・。そう思うとちょっと切ないですね。
反面、非行に走ったり警察沙汰になったりしないし、成鳥なら置いて出かけてもまぁ平気だし、なによりいつまでも同じ顔で可愛いということで、メリット(?)もたくさんあるのかもしれません。

というわけで、しばらく落ち着くまでは全てお預け。
毎年させてもらってたクリスマスのクッキー作りとかも、今のままでは衛生面で大問題なので(キッチン&リビングに3羽、寝室に1羽いる)残念ながらお断りしました。

と、いうわけで、少し落ち着くまであんまり更新できないと思うのですが、ゆるい気持ちで見守ってください。
よろしくお願いします。

あ、あと、オカメに効率的に歌や言葉を教える方法をご存知の方いらしたら、是非是非教えてください(笑)。
posted by badem at 10:44| Comment(6) | その他

2017年09月20日

ミシンついでに シートベルトカバー

以前シートベルトカバーを作っていてすごく良かったのですが、事件に巻き込まれてその車を手放すことになったため、新しい車を買っていました。

で、シートベルトカバーはその他の車載品とともに取り返してはいたのですが(今考えるとホントしょうもないものしか取り戻してないけど)、、、なにせ内装の色が違う。180度違う。なので全然つける気になれず、そのままにしてありました。

でも100円ショップで見かけて、これはいい!と購入してみたのですが、カシャカシャする布に分厚いスポンジが挟んであるので、まぁ最低限の仕事はするかなくらいのものでした。

写真 2017-09-01 17 49 27.jpg 布が微妙に刺さる

ずーーーーーっと気になっていてやれなかったのでミシンを出してきたついでに、エイ!!と仕上げました。

写真 2017-09-01 17 18 26.jpg

あまり布の関係で、色違い。

写真 2017-09-01 17 18 32.jpg

前のものがそうだったのでマジックテープは表も裏も端っこにつけたのですが、あとで折りたたんで使うんだから、どちらかは真ん中にしないと、と思ったのですが、やり直すのもなんなんで、そのままにしました。

写真 2017-09-01 17 50 37.jpg

意外とうちのシートベルトの幅にはこれでもよかったみたいです。
キツキツにしていてもサイドがスレて早く痛みそうだし、ゆるゆるでもなじまないし。

結構うまくできました☆

キルト芯を布で挟んで、さらにパイピング布(または市販のバイアステープ)でくるんでぐるーり縫うだけ。
あとはマジックテープつけて終わりです。

超簡単。
なのに腰が重いという(´∀`;)

ベルト痛いなーって思ってる方、ぜひやってみてください。

----------------------------------------------------
↓なんだかんだ面倒な方は買うのが早い。
     
昔は地味だったけど最近すごくかわいくなってきてます。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | クロシェ&ハンドメイド

2017年09月18日

カシュクールエプロンドレス

エプロンドレスってなんかものすごくチグハグなネーミングですよね。
超普段使いのエプロン+ドレスっていう表現。
でもそこがちょっと好きだったりします。

かなり前にNHKの「すてきにハンドメイド」(このタイトルは微妙)で紹介されていたエプロンを、ようやく作りました。

写真 2017-08-24 12 51 37.jpg

吊るしてあると非常に微妙ですが、着るとかなり「すてき」です。
元々1枚の布(3m強)で作るレシピだったのですが、布を買いに行って、気に入ったこの黒い布が1mしかなく・・・。
同じ柄の色違いも買いました。
で、私の好きな着物の「片身変わり」を意識して半々で作ってみました。
が、もとは灰色を上にしようと思っていたのですが、作ってみたら黒が上のほうがかわいい。

写真 2017-08-24 12 52 04.jpg なんかぼんやり

なので黒が上前、をデフォルトに。

ポケットも大きめ。
写真 2017-08-24 12 52 42.jpg

左右にないと不便かな?と思っていたのですが、実は下前のほうのポケットにも手が入るので、両ポケットと同じ感じで使えます。

写真 2017-08-24 12 54 45.jpg さすがNHK。

うしろはふんわりAラインでかわいい。
写真 2017-08-24 12 53 05.jpg

ボタンは昔かった、東欧のものを使いました。
写真 2017-08-24 12 52 24.jpg 柄もサイズもピッタリ。

しかし今回、うっかりこのパターンが折り伏せ縫いという二度手間(だけどしっかりする)な縫い方を支持していたのに気づかず、かなり手間取りました。。。

しかも出来上がり着てみたら結構サイズがギリギリ。NHKなので年配向けだしサイズはゆったりめだろうと甘く見ていたのですが、「サイズアップしたい方はタブをつけて対応」という親切なコーナーがあるのも納得の細い人向けパターンでした。もちろん私はこのコーナーを全く見ていませんでしたけれど。見るべきでしたね。

でも着られるのでしばらく使ってみようと思います。

それにしても、可愛くできたので着づらい・・・これがエプロンのジレンマ。

手間がかかってる分、汚したくないなーと思ってしまうのですが、いやいや、汚れるのがエプロンの仕事。
ホルターネックのエプロンなら簡単だしかわいいからどんどん使えるのに、私はこれだとものすごく首がこってしまうので使えないのです。
残念。

  かわいいけど。。。


----------------------------------------------------
↓なんのかんの言って一番使ってるのはこのワンショルダー。お気軽。
 
背中クロスのものは着づらいけど一番安定するかも。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(2) | クロシェ&ハンドメイド

2017年09月08日

キルギス民族音楽コンサート 「遊牧民の魂」

8月末から超!!!!がつくほど忙しいです。パソコンの前に座りっぱなしの数週間。夫の出張中は徹夜も数日。この歳で徹夜は本当にこたえます。。。

その理由は、キルギス民族音楽コンサート「遊牧民の魂」が開催されるから!

キルギスから、超有名民族音楽演奏グループ「オルド サフナ」が来日します。
そのコンサートが東京で2回行われるんです。
さらにコンテンポラリー民族衣装ファッションショーも同じ舞台で開催されます。なんて豪華なの!!

ordosakhna.jpg

2017年11月19日(日)
赤坂区民センター ホール
開場18:00 開演18:30
こちらの日だけホワイエにて写真展と物販もあります。
16:00から入れますので、ぜひちょっと早めにどうぞ。

2017年11月24日(金)
高輪区民センター ホール
開場18:30 開演19:00

チケットは2,000円で自由席(要予約)です。

詳しい情報&チケットお申込みはこちらまで。
私も19日のほうに行くつもりです。

***

私、なんとこのコンサートツアーの実行委員会の一員でして。
しかも印刷物全般&ウェブ関係担当という、、、ありがたいけれどもかなりハードなお仕事(というかボランティア)を割り当てられています。

まずチラシ。
デザインイメージが来ていたので、それを目安に起こします。
が、超絶直し。
そもそもチラシを作りはじめた時点では公演が1回になるか2回なのか、協力には一体どこの団体が入るのかとか、載せる情報がそもそもアヤフヤなので日々要望が変わります。その度に素材を作ったり(絨毯の文様から一部を取り出して加工したり)、文字を詰めたり(実はこれが超面倒)、写真を加工したり。
明日までに直す!とか、リストアップした問題点全部直して確認とってから正午には印刷入稿して!とか、決まるまではゆっくりなのに、決まるとものすごいスピードなので、ついていくのがホントに大変でした。
同時に別のお金の絡む仕事を2つ抱えている(これらはまだ終わらない)ので、マウスを持つ手が腱鞘炎になる寸前。ていうか、実はちょっとなってる。やばい。

そしてなんとか出来たこちらのチラシ。

ordosakhna2017face-s.jpg ordosakhna2017 back-s.jpg
>>>オルド サフナ来日公演 チラシ(PDF)

ですが、印刷一歩手前でキルギス側から放たれた一言が

「私はモノトーンのほうがいい」

・・・Σ( ̄ロ ̄lll)  そうですよねー・・・

この辺が難しいところで、トルコの人もそうなんですが、中央アジアでもアーティストやデザイナーの人は意外とモノトーンとか、すっきり系が好きなんです。民族調であっても、シンプル方向。ゴシックで重厚な雰囲気はOK。でもべたべたのカラフルは嫌。

でも日本側が求めるのは違います。やっぱり「あのへん」はカラフルで派手でわけのわからない色使いであってほしい!!

うんうん。
どちらの気持ちもわかりますね。。。。

今回は日本開催なので、日本側の意見を通します(笑)。

ちなみに最初に私が提案して即・ボツになったイメージがこちら。
not used pattern.jpg
中央アジアのよくあるイメージ(独特の重くるしい感じ)をなくして明るい感じにしたかったのですが、やっぱり楽器も衣装も全然見えてない、ってことでダメでした。
興味を持ってくれそうな人の層を考えると、それもそうですねー。納得のボツでした。

***

チラシ作りが佳境に入ったとき、「彼らが日本行きのチケット買ったって!ほっとした!」って情報が入りました。
まだ買ってなかったんかーい!!と思いましたが、まぁ、中央アジアあるある。予定は未定です。

引き続き実行委員の名刺作り、チケットデザインと当日の配布物作り、そしてウェブサイトとフェイスブックページの作成&管理が控えてます。

コンサートが無事終わるまで私のドキドキは続きそうです。

ほかの委員のみんなもあっちこっちと動き回り、苦労してやっとこぎつけたコンサートなので、皆さんぜひ!来てくださいね。
posted by badem at 08:00| Comment(3) | トルコ&中央アジア

2017年08月28日

こんぱまる岡崎 & 鳥茶かふぇ TORIKOYA

うちの近くでは鳥用品を扱っている店がないです。
でも検索していたら、隣(とはいえないかも)の岡崎市にインコ&オウムの有名店「こんぱまる」の岡崎店があるというではないですか。

行ってみました。

が、鳥専門店ではなく、「鳥も売ってるし小物も扱っている鳥カフェ」という感じでした。
鳥茶かふぇ TORIKOYA

写真 2017-08-04 16 55 28 copy.jpg

写真 2017-08-04 14 56 59 copy.jpg いらっしゃい

鳥カフェって初めて行きましたが、、、
時間フリー、飲み物飲み放題(紙コップ自販機が無料)、ちょっとしたお菓子付きで1200円。
高いのか安いのかさっぱりわかりません。
いつまでいてもいいみたいです。

写真 2017-08-04 15 30 14 copy.jpg

鳥と遊びながらぼんやりしていると時間が過ぎます。

写真 2017-08-04 15 27 26 copy.jpg

鳥好きな方しか(もちろん)来ないので、鳥トークがはずみます(苦笑)。
オーナーさんが割としゃべってくれるので、暇することはないです。
お菓子は個包装のものをいくつか盛って出してくれますが、鳥に見つめられながらというのは微妙に食べづらいですね。。。結局ほとんど手を付けられず。
鳥用のおやつとしてヒマワリの種をもらえるので、これをあげるのは楽しいです。

写真 2017-08-04 16 05 21 copy.jpg おねむ

私にやさしくしてくれた鳥はこのオオバタン。

写真 2017-08-04 15 58 34 copy.jpg
ほかのオウム類が容赦なく私を威嚇して噛みついてくるのに対し、この子はそろーりと腕に乗ってきてくれました。
鳥カフェに行かれるときはどうなってもいい長袖の服を着ていくことをお勧めします。
オウム類は「パクリ」ではなく「ガッ」とかみつきますし、乗られてもいたくないです。

帰るときにはこの興奮っぷり。

写真 2017-08-04 16 44 45 copy.jpg 毛引きがすごいな

あー、掛川花鳥園のオオバタン「サンタくん」もそうなんですが、なんかこの大きいオウム類は超遊んであげないとかわいそう。でも興奮してくると雄たけびをあげてぐるぐる回ったりするので、みんなビビッて近寄らないんよね。。。

で、本当は鳥用品がほしかったのですが、あんまりなかったので、選んでこちらを。

写真 2017-08-11 9 38 14.jpg 大型インコ&オウム用っぽい。

家に帰ってきて思ったのは、憧れの的・ヨウム(アフリカングレイ)でさえ、結構気を遣う、ということ。フンも結構大きいし。
大型の子たちは、予想外にずっしりしるし、くちばしも爪もなんかスゴイ。
自分のじゃないから余計気を遣うので、自分で飼ったらかわいいんだろうけれども。

それにしても、オカメさん。
あーーーーホッとするーーー。
写真 2017-07-31 8 46 56.jpg
このサイズ感。
そして体からするほのかなナッツ臭。くさくないフン。
ヨウムに比べたらちょっと明るいバカだし。
完璧じゃないですか。

写真 2017-07-31 18 25 04.jpg チラ

----------------------------------------------------
↓こういうかじる系のおもちゃが欲しかったのよね。
   
あとは燕麦とか。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | その他

2017年08月27日

Dance Dance Istanbul- トルコのフォークダンスイベントのご紹介

友達が出演するダンス公演のお知らせが届きました(≧∇≦)

写真 2017-08-12 11 33 44.jpg

Dance Dance Istanbul
トルコと日本の舞踊グループとエブル(マーブリング)アーティストのコラボレーション。
2017年10月18日(水)
@渋谷区文化総合センター大和田さくらホール(東京都渋谷区桜丘23-21)
18:30開場 19:30開演
全席自由 3000円
チケットお申し込みはユヌス・エムレ東京トルコ文化センターまで★
03-6452-9258
tokyo@yunusemre.or.jp

トルコからはトルコの民族舞踊チーム、カディッシュと、エブルアーティストのガリップ・アイ氏が来日。
日本からはホッパ東京という普段は別々に活動されてるダンサーさんたちがコラボしたグループが出演します。
チラシの顔写真を拝見すると、ベリーダンスよりなのかな〜、とも思いましたが、聞いてみたところトルコの公的機関主催のためベリーダンスは一切やらないそうです。
なので、ちゃんとした「トルコ民族舞踊」(基本的にはチームプレー、群舞)がみられると思います。

私の友達はもともと日本でトルコ民族舞踊チームで一緒だったのですが、その後トルコの大学に進学、専門(言語学)を極める傍ら民族舞踊を本格的に学んできました。
一度トルコのチームに見学に行かせてもらったことがありますが、本当に素敵なチームでした。

0702turkey (62).jpg
この時は黒海の踊りの練習でしたね。
その後はカフカス(トルコ北東部)のほうのダンスを踊るチームに割と長くいて、新聞などにも出たことがあります。

帰国後はお勤めの傍らダンスを続けてもいるようで、こんな大々的にパフォーマンスできる機会ができて、本当にうれしい限りです。

私も見に行きます!!
ぜひみなさんもどうぞ(^^♪
posted by badem at 18:56| Comment(0) | トルコ&中央アジア

2017年08月18日

この時期に!驚異の防臭袋 BOS (ボス)

暑い時期になると気になっていたのが、生ゴミのにおいなどなど、キッチンから出るゴミのにおい。

今まではずっと、冷凍庫の一角を区切ってバスケットを入れて、そこに生ゴミを密封してゴミの日まで置いておいてました。
でも、引っ越してから冷蔵庫が一階、キッチンが二階になり(冷蔵庫がキッチンに入らなかった・・・)、ゴミを持って往復するのも面倒。
しかも地域のゴミ捨ては深夜・早朝禁止・・・。うっかり忘れてしまったこともしばしば。
夫は「口をしっかりしばれば全然大丈夫」「たんぱく質ゴミじゃなければその辺に置いといて全然平気」と仰るのですが、甘い!!!それは一人暮らしの食生活のゴミでしょう!!(苦笑)
なんとかならないかと思ってました。

一度試してみたのが丸金製紙の「ひとちぎり」。


こちらは紙の原料に無害な吸着炭(テクノカーボン)をすきこみ、脱臭力を発揮。腐敗臭などに効果が高く、嫌な臭いの発生する所に30〜40cmちぎって使用、とのことでしたが、、、、

全然ダメ。効果なし。

と思って今調べてみていたら、このメーカーさん自体が2016年末で操業休止なんだそうで。。。。
なんか文句を言いづらいです。

で、なんだかんだでこういう防臭って言っててもイマイチなんだなーと思っていたのですが、BOSっていうメーカーの防臭袋を見つけました。
クリロン化成という会社のブランドだそうです。

この会社は医療用の便を収納する袋を作っている会社だそうで(多分人工肛門につける袋でしょうね)、そこから派生した製品なんだとか。
消臭ではなく、防臭、というところに特徴があり、防臭効果は半永久的とのこと。

なるほどー!普通の袋と仕組みが違うのか!!!

と、思って、お値段にも若干ビビりながら(Mサイズ90枚1080円)購入。

写真 2017-08-11 16 36 18.jpg

ぺらりとしたビニール袋。

写真 2017-08-11 16 36 32.jpg

しかしこれ!!!!!!

すごい!!!!!Σ(゚д゚;) ゴミ、におわない!!!!!!

衝撃です。

これ買ってから、大きいゴミ箱もくさくならない。掃除しなくていい。
超楽です。
冷凍しなくて全然いい。

本当にこれは買ってよかった、と思ってます。

うちはTOWERのエコホルダーを三角コーナーがわりにしているので、そこに引っかけるのにもMサイズが丁度よかったです。
Sサイズもあるのですが、それだとちょっと小さいかも?
あと、きちんと結ばないと防臭効果はないので、ちゃんと結ぶスペースもとるとか考えると、うちはMかなぁという感じです。



生ゴミの他に、そもそもの用法として便(赤ちゃんのオムツ、犬猫のフン)を捨てるだとか、災害用のトイレなどもあって、確かにこういう製品は地味だけど需要があるなぁと痛感しました。



----------------------------------------------------
↓猫用とか色のついたのとかいろいろバリエーションがあります。
  
出産祝いにも、と公式サイトではオススメしてまして、なるほど!と思いましたがもうちょっとパッケージをなんとかしてほしい。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | キッチンまわり