2017年03月24日

伊勢志摩&鳥羽 A

三重旅の続きです☆

朝ご飯はホテルのビュッフェでいただき、ちょっとのんびりめに出発。

「それ、実はぜんぶ三重なんです」が三重県の観光キャッチコピーなんですけれども、いろんなところにおいてあるリーフレットも内容がすごく充実してます。さすが〜。鈴木知事もがんばってるんですね。

写真 2017-03-21 23 09 29.jpg

昨日は山の中を走って志摩まで南下したのですが、今日は海沿いを通って伊勢に北上。

的矢湾大橋。
写真 2017-03-17 10 24 59 (1).jpg
超きれいでした。
ノリや真珠・牡蠣の養殖のため、船で自由には行き来できないようです。
ちかくで「伊勢志摩エバーグレーズ」とかいって、グランピング(高級バーベキュー&キャンプ)をやってるところがあります。エバーグレーズはフロリダの湿地の国立公園。入口からワニがうじゃうじゃいるという川っぺりにいくまで千葉から東京くらいまでの距離があります(で、行ってみたらワニはいませんでした)。テレビで見たときは「日本で?なにそれ?」と思ってたのですが、このあたりを見ると「エバーグレーズと言ってもいい」(っていうか、大量のやぶ蚊とハゲタカに襲われない分日本のほうがいいかも)と思いなおしました。でもグランピングができるところは沼みたいなところだったような・・・。

鳥羽竜化石発見地。
写真 2017-03-17 11 18 08.jpg
アマチュア化石ファンが恐竜の骨と足跡をみつけたという場所。

すごくきれいなところですね。
写真 2017-03-17 11 20 14.jpg
こちらも養殖をやっているので厳しく監視・管理されているようです。

伊勢神宮・おかげ横丁&おはらい町。
写真 2017-03-17 12 04 13.jpg
うかうかしていたらおかげ横丁には入りそびれました。。。でもあんまりおもしろそうなお店がなかったので、おはらい町で十分かな。

赤福本店。
写真 2017-03-17 12 13 31.jpg 大きな釜で湯を沸かしてじゃんじゃんお茶をいれてくれます。でもこの釜、熱いので行列になってるとちょっと危ないかも。お子さん走り回らせる方は自己責任で☆

作りたて赤福。
写真 2017-03-17 12 09 07.jpg
お味は本店だから・作り立てだからどうこう、っていうのは特に感じませんでした。いつもの味。でもおいしい。そして、実は一番おいしかったのはお茶でした。これは本当においしかった。釜でたいたお湯で淹れているからかな??

伊勢神宮内宮本殿。
写真 2017-03-17 12 40 10.jpg
やっぱり森なだけあってきれいなところです。空気も、土地もきれい。

伊勢うどん。二光堂支店っていうお店でいただきました。
写真 2017-03-17 13 25 58.jpg

お店の前に「いちばんうまい店」のようなことが書いてあり、看板猫(野良猫?)が入り口にいます。なんとなく入ったのですが。。。
キッチンでばりっと袋めんをあけてました(;´Д`A まぁ、そりゃそうよね。昔みたいにずっとゆでてるわけないよね。
でも実はうちの近所でも伊勢うどんの袋めんは売っているので、家で食べるのと変わらないかなぁ。
食べログのレビューは割と評価がいいのですが、伊勢うどん初の人のものが多いので、あんまり当てにならないかもです。寒かったのであったかいのはおいしいけど。まぁ、普通です。参拝に来て、さらっとおなかを満たすには十分。

以前どこかのサービスエリアで食べた伊勢うどんが激うまだったので、そのイメージがあるのだけれども、いまだにそれと同じくらいおいしいのには出会いません。どこのSAだったのかな〜。亀山(下り)でも御在所(下り)でもないんです。うーん。

帰りがけにへんば餅
写真 2017-03-17 13 47 05.jpg
夫が「お店の感じが好きでない」と言っていたのだけれど、餅はとても気に入ったようです。柔らかく食べやすいお餅で、あんこもさっぱりとおいしかったです。
でもお店のリーフレットには「田舎のもので、特においしいわけではないけれど味がある」みたいなことが書いてありました。そんなこと言わなくてもいいのにね。。。

さいごは鳥羽水族館へ。
青いザリガニとか
写真 2017-03-17 14 43 14.jpg

ベルーガとか
写真 2017-03-17 14 49 55.jpg

金のヒラメとか
写真 2017-03-17 15 08 42.jpg 結構怖い

ジュゴン(ずっと草を食べてる)とマナティー(もっちり)とスナメリ(泳ぐのが超速い)もいました。
スナメリとイルカは鳥羽湾と三河湾にも普通にいるようなので、自然のがちょっと見てみたいです。

写真 2017-03-23 9 18 55.jpg 学名がジュゴン・ジュゴンだと知った。

真横にあるフェリー乗り場から、鳥羽湾をまっすぐ通って渥美半島先端の伊良湖に戻ってみます。
写真 2017-03-17 17 05 31.jpg 写真 2017-03-17 17 35 09.jpg

車一台+運転手だけなら高速道路と変わらないけど、同行者もう一人分を払うと結構高い。
最終便(17:40)だけど平日だからガラガラ。
写真 2017-03-17 17 38 30.jpg

50分〜60分程度でつきます。これは近い。そしてぐーぐー寝てられるのはいいです。

写真 2017-03-17 17 40 35.jpg ミキモト真珠島

写真 2017-03-17 18 15 58.jpg『潮騒』の舞台、神島。
 純愛もの。

夕日がきれい。
写真 2017-03-17 17 49 25.jpg

伊良湖についてから私がレンタカーを運転したんですが、慣れない車に手間取り、なんだかんだで2時間くらいかかっちゃいました(汗)。普通なら1時間程度です。。。

実は借りた車がどうも調子が悪いというか、アクセルを踏むと「わーーーー」っていうだけで全然スピードが上がらないので、壊れてるんじゃないか??と思われるふしがあったため、無事帰ってこられて良かったです。。。

ちなみに、伊良湖の道の駅(兼フェリー乗り場)は最終便到着時には閉まってて、お手洗いは使えません。
フェリーで済ませましょう。

いろいろ買ったお菓子☆
・あこや餅
写真 2017-03-17 21 10 46.jpg
志摩の伝統和菓子。祭など行事の時に配りあったり、お盆ではお供え物として必ず使われるそうです。
あこや餅の表面にある3色の色模様は「五穀豊穣」を意味しているそうです。片方、2色だけど。
なんか、へんば餅に似てます。そして、三河のひな祭りで食べられる「いが餅」にも似てます。こういうお菓子が祭りごとに使われる地域なのね。

・おかき(白醤油味)
写真 2017-03-17 21 10 20.jpg
白醤油は愛知県碧南市発祥の醤油。っていうか、JAS規格が定める「醤油」の定義によると大豆を使っていることが必須なので、小麦粉100%の白醤油は「醤油」って言えないんだそうです。ラベルの名称表記では、「醤油風調味料」や「小麦醸造調味料」って書いてあります。
 白だしは白醤油+だし+甘味。すっきりきれいな味です。

あっ、おかきはふつうに美味しかったです。

・かっぱえびせん あおさ味
写真 2017-03-17 21 42 32.jpg
最近発売されたご当地バージョン。
あおさ風味が結構しっかりして、青のりとは違ったおいしさです。

きんこ芋(上田商店)
写真 2017-03-17 21 42 51.jpg
これ、先日テレビで作っているのを見て食べてみたかったので、ぎゅーとら(三重のスーパー)で見つけて即買い!
しかし!!この1袋で1,000円です!!!高い!!!
でもね〜〜〜美味しかったです、これは。
甘味はさほどでもないのですが、食感がもちもちしていてサツマイモが本当に「お菓子」に変化してます。
以前「名古屋の楽天うまいもの市で2時間半待ち!」みたいな静岡の干しいもを食べたんですけど(普通に駅の売店で売ってたので)、それが非常に昔ながらの「ただの干しイモ」だったんですね。。。それと比べると、なんというか、もうこれは料理!
 また食べたいけどすぐ手に入るのは羊羹しかない。

・塩蒸し饅頭
写真 2017-03-17 21 43 07.jpg
こちらは泊まったホテルの特注品なのかな。
こういうのめったに買わない夫が試食して「これ買おうか」って言いました。
「塩乃旨味」、って書いてあって、本当にしっかり塩の味がして美味しかったです。

・パールドロップ
写真 2017-03-18 13 09 51.jpg

これは真珠の粉とコラーゲンが入った丸いキャンディで、パッケージに大粒の樹脂パールのストラップがついてます。かわいい☆味もフルーツラテ味とのことで、ちょっと杏仁豆腐のような味がします。結構大きいので食べごたえのある飴です。


でこたんようかん(マサヤ)
写真 2017-03-18 13 10 37.jpg
ANA国際線で機内食デザートに出されてるって書いてありました。どこからどこに行く便でしょうね。
有機栽培した「デコタン」だけを原料に使っているそうです。味は、品のいい柚子羊羹という感じ。私は柚子があんまり得意でないので、柚子羊羹よりはいいかなくらいでした。

・梅酒伊勢萬
写真 2017-03-23 13 08 00.jpg 飲んじゃった。
伊勢の梅酒・カップ酒。「かわいい女子専用」って書いてあるところがイタイ(苦笑)。
3本セットならハンドタオルがついてきたんですが・・・私、梅酒あんまり得意じゃないので、かわいかったけど諦めて1本買ってみました。あとで夫が「梅酒は誰かにあげればよかったじゃん」って言ってて、あ、そうか、と思いました。。。
「おかげ犬」は江戸時代の後期に旅ができない人が犬に伊勢神宮を代参させることが流行ったそうです。で、おかげ参りをしている犬である事がすぐ分かるよう、犬には御幣や注連縄が付けられたんだとか。
犬・・・素直だねぇ。。。犬派の私としては胸キュン。
でも昔(10年位前)伊勢神宮に行ったときは、こんなにおかげ犬!!!って推してなかったような気がします。

それと、おいせさんの塩スプレー
こちらは盛り塩やお祓いの塩の現代版(笑)。
写真 2017-03-18 13 22 41.jpg

一泊二日でしたがいろいろ見られて楽しかったです。

----------------------------------------------------
↓お清め塩キャンドルも気になる。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2017年03月21日

伊勢志摩&鳥羽 @

伊勢・志摩・鳥羽に旅行に行ってきました。
夫と二人で旅行に行くのは本当に何年ぶりか???というくらい。
本当は台湾に行きたかったのですが、愛知県に住んでいると航空運賃が本当に高い。。。関東に住んでいたころは、「台湾は国内旅行より安いし、すぐ行けて楽」と思っていたし、ふと思い立ったら行くような感覚だったのですが、改めて台湾旅行を調べてみると、本当に高い。便数が少ないし選択肢がないからなのか本当に不便で、LCCだと日程があわなかったり(そしてあまり安くもない)で、航空運賃だけで10万近くになってしまったりとかで「ありえない!!!」ってことで台湾はやめです。ふらふら外国に行きたいと思ったら東京か大阪近郊に住まないとダメですね。

と、いうわけで、伊勢・志摩・鳥羽。昨年のサミットで話題になった場所です。
メインイベントは前からやってみたかった焼き牡蠣食べ放題に決定。
というわけで、夫は自分の車に煙の匂いがつくのが嫌、ということで、うちに車があるのにレンタカーしました。

写真 2017-03-16 13 23 19.jpg
いい天気。

高速道路を使ってぴゅーんと伊勢へ。運よく伊勢二見鳥羽ラインという有料道路が数日前から無料になっていました。3時間ほど。

途中のSAでお福アイスマック発見!こちらは御福餅本家の出しているアイス。以前お福餅は買ったことがあります(ほぼ赤福)。

写真 2017-03-16 12 06 58.jpg → 写真 2017-03-16 12 07 25.jpg

棒が変な風に刺さってるのですが、それはそれで、最後までちゃんとアイスが棒にささったままですごいなと思いました。ただ、味は・・・うっす〜〜〜〜いさらし餡の小豆アイス。夫は「井村屋のほうがうまい。小豆が苦手な人にはいいかも」と。小豆苦手な人は食べないから(苦笑)。まぁ、割とさっぱりしてて暑い車内でいただくにはちょうど良かったかも。

一緒にコーヒー牛乳。
写真 2017-03-16 12 13 40.jpg
大内山酪農。この牛乳製品がかなり幅広く売られてました。

写真 2017-03-16 13 33 01.jpg 山安水産パールロード店

浦村は牡蠣の養殖地として有名。日本全体では的矢湾のほうが有名なのかな。
みんながもうもうと煙を上げて焼いているのを見たら、やりたくなりますよね。ガス火と薪があって、どっちか選べるみたいですが、みなさん薪だったので、薪に。

写真 2017-03-16 13 31 25.jpg

見た目楽しそうですが、非常につらいです。薪が生木なので、もうもうと煙がでるうえ、非常に目にしみる。ゴーグルしたほうがいいとか聞いてましたが、本当にその通り。かなりキツイ。私はサングラスをして少しマシになりましたが、夫は元々こういうのに弱いので涙と鼻水で大変なことになってました。かわいそう。

でもカキは超おいしくて!!大満足。
写真 2017-03-16 14 52 12.jpg

カキごはんとお味噌汁もついてて超おいしい。
写真 2017-03-16 15 03 39.jpg

好きなだけ時間無制限で食べていいよと言われているのですが。
写真 2017-03-16 15 42 43.jpg
普通に山盛りになっている網かごを、適当に持って行ってどんどん焼きます。
カキのサイズは小さいので(市場に出せないやつみたい)ぱくぱく食べられちゃう。じゃりっとすることもなく、味はとってもおいしい。
お店の方は「二人で最高8カゴ食べていった」とおっしゃってましたが、2人で2カゴが限界かも。たぶんもっと食べれると思うけど、なにせ目が染みてつらいので・・・次回はガス火か、焼いたのを出してくれるお店に行こうかな。。。

ちなみに調味料持ち込み自由でしたが、意外と「そのまま(塩味)」が一番美味しかったです!!全然飽きない。
写真 2017-03-16 14 15 15.jpg いっぱい持って行ったのに。

ベストは @レモン+オリーブオイル+おろしにんにく A桃屋食べるラー油 Bゆずみそ Cバター醤油 でした。さっぱりしているので、オイル系を足すほうがおいしいみたいです。
生ガキでは最高においしいタバスコも、焼きガキではイマイチ。ポン酢もなんかイマイチあわない。広島のレモスコも持って行ったのですが、ダメでした。
 あいそうなのに。

食べ終わったころにはもう目も痛いし体もモウモウしてます。

写真 2017-03-16 15 28 49.jpg もっと食べたい。

その後は二見興玉神社に行ってみました。
カエルの多い神社のようで、狛犬がカエル、と聞いた気がしたのですが・・・

写真 2017-03-16 16 09 29.jpg

左右にあるわけじゃなかったです。カエルグッズのお店がいっぱいあるとも聞いた気がしたのですが・・・全然なかったです(*・ω・*)なんだったんだ、あの情報は。夢かな。

写真 2017-03-16 16 10 34.jpg 夫婦岩

確かにカエルは多いのですが、適当なカエルの置物をとりあえずいろんなところにおいてある感じもあり、統一感や、なんかこう、神聖な感じは全然ないです(すみません)。かといっていい感じというわけでもなく、、、
伊勢神宮参拝の前に二見浦の海水で心身を清める禊をする「浜参宮」という習わしがあって、現在でもまずこちらの神社に参拝し、お祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者も多いそうなのですが。

写真 2017-03-16 16 18 19.jpg 中身のおみくじは普通のものでした。
ちなみに駐車場は参拝者用の無料のものがあります。

ちょっと肩透かしをくらいつつ、泊まる予定の志摩方面へ。
道は山越えでもとても広くてちゃんとしていて、怖いということはありません。むしろ愛知の近所のほうが怖いかな。。。とってもちゃんと整備されていて、観光地としてアクセスよくコンパクトに出来ているな、という印象。伊勢から志摩まで行っても1時間程度です。しかも走りやすいですから、気楽。伊豆だとこうはいかないな〜。

ホテルはプレミアリゾート夕雅。古い観光ホテルですが、安いし(平日だったので夕食なし朝食込で二人で1万円でした!)オーシャンビューだし、お部屋も広くてゆったりできて、いうことなしです。

写真 2017-03-16 17 36 22.jpg

とりあえず煙くささをとるためにお風呂へ。一応温泉なんですけど、わかしなおし&加水。この辺は火山ないからしょうがないのですが、本当に、ちゃんとした温泉が出ればなぁ〜!!!完璧なんですけど。

ちょっとのんびりしてから夕飯。私はホテルで食べるの割と好きなんですが、夫はメンドクサイし高いから嫌ということで、あれこれ近くで探した結果、ほぼ三重にしかないラーメンチェーン店「あじへい」へ(笑)。

写真 2017-03-16 19 49 03.jpg ぶれぶれ。

白菜の入ったラーメンで、大阪の神座(かむくら)に似てます。卓上にキムチがあるのも同じ。
餃子には紅ショウガがついてました。
文化圏としては大阪なのかなぁ。

そのあとはローカルスーパーのぎゅーとらに行って、あれこれ見ました。
日本全国意外と商品はそんなに変わらないなぁ、と思ったのですが、ちょこちょこ違うものもあります。

あじの開きが顔が開かれてないのに驚き。
写真 2017-03-16 20 12 42.jpg

 神奈川県民としては顔が開いてるのしか知らない。

オヤツとしてパンをかい、ホテルで食べてのんびり☆

----------------------------------------------------
↓家で食べると殻の始末に困るよね。
  
カキの佃煮もおいしそうでした。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2017年03月15日

餡フラワー カップケーキ☆

またまたスイーツデコレーションレッスンに行って参りました。(*^^*)

写真 2017-03-14 10 31 04.jpg

今回お世話になったのはパティシエール・ヴィヴィエンヌさん。
こちらのお教室を知ったのはインスタグラムから。
あれこれうろうろ見ていたら、ふと目に留まったんですよね。丁度日程に都合よく空きが出来て、滑り込みで参加できました。
アイシングクッキーと色々なスイーツデコレーションのお教室です。
製菓学校で一緒だったというお二人でやってらっしゃいます。
すごく可愛いくて雰囲気も似てらっしゃるお二人。
( *´艸`*)
楽しくレッスンさせていただきました。

カップケーキの作り方を教わり、あとはみっちり餡絞り。
使ったことのない口金も色々使わせてもらえました。
基本のバラと桜は定番の103。


菊の出来る口金は面白かったですね!
最初は全然花びらにならなかったんですが、二段目くらいからはなんとなくコツがつかめてきました。
練習あるのみですね。

写真 2017-03-14 12 33 49.jpg

 Marpolの#81

2Dの口金は丁度私も先日買ったばかり♪

写真 2017-03-14 13 12 53.jpg

奥の白いぐるりとしたバラ模様のものが2Dの口金を使用したもの。
この口金を使うときのポイントもあれこれ教わりました。



なかなかかける圧を調整するのに慣れず、しかも変に力を入れてしまって手が痛くなってしまいました。。。
でも細かく指導いただけて、うまくいかない理由なんかもきちんとわかったので、得るものがとっても多いレッスンでした。
アイシングのお花とも違うし生クリームやバタークリームとも違って扱いやすく、たくさん練習できるのはいいですね〜
しかもあんこ、好き(*^^*)
実は私、バタークリームも生クリームもちょっと苦手。。。

教えていただいたカップケーキもさっぱりしっとりしていてよく合いました。
食べやすい大きさですし☆

写真 2017-03-14 13 19 16 (1).jpg

撮影小物&スペースも素敵!

お花絞りは錦玉フラワーにも応用出来そうですし(とはいえあんまり細かいと可愛くないのが錦玉)、お家でもたくさんやってみたいと思います!

写真 2017-03-14 13 23 23.jpg

やっぱりバラが好き。

----------------------------------------------------
↓和菓子材料もいろいろ。
    
そしてケーキに入っていた煮あずきもおいしかった★
----------------------------------------------------

ちなみに2Dの口金は買ってからクッキーを絞るのにしか使ってませんでした(*・ω・*)

20170301 (14).jpg → 20170301 (16).jpg

ただのクッキーもかわいくなるのでオススメ♥
20170301 (19).jpg
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 1day lesson & Event

2017年03月06日

トルコのマーブリング(エブル)とオヤ

友達のトルコ人・テキスタイルデザイナーがCreemaで作品の販売を始めました。

Gamze Takeda

写真 2017-02-27 23 04 25.jpg

エブルは、トルコの伝統マーブリング。
以前私もやってました!(^^)
模様だけじゃなくてお花の絵とかもかいてたんですが、最近全然やってなくて。。。

ガムゼさんは布にエブルをほどこして、その布の色合いや雰囲気から縁編みのオヤを考えています。
これ、すごーくトルコ「らしい」。
トルコのスカーフも全部、スカーフの柄を見て、オヤの色やモチーフを決めるんです。
エブルはマーブリングなので、模様は一回しかできません。同じ模様を作ろうとしても無理なんです。
そこからイメージされる色の組み合わせも一回だけ。というわけで、このオヤ(縁編み)のパターンも一回だけ!
面白いですね。

一番高いものは素材にシルクを使っているのでお値段としてはちょっとはりますが、実物を見るとさらさらと肌触りもよく本当に素敵。
私も写真撮影のお手伝いしたのですが、全部買い占めたくなって困りました(- -;)

今はストールしか出品していないけれど、元々帽子メーカー勤務だったり、ファッションデザインの勉強でミラノに行ったりしてた方なので、帽子や洋服も出してみたいなって言ってました。

ぜひチェックしてみてくださいね〜(^o^)丿
posted by badem at 08:00| Comment(0) | トルコ&中央アジア

2017年03月04日

京都・冬 その2

京都に行きました。
あまり時間はなかったんですが、ちょこちょこお買い物を♥

*生八つ橋 元祖八ツ橋 八ツ橋屋西尾萬忠商店

2017-02-25  (59).jpg

こちら、私は初めて食べました。清水寺の参道のお店でしたが他にもいくつかあるようです。
「長方形の八ツ橋が本物です」「うちは毎朝手で餡を挟んでるので、日持ちもしないんです」とのことでした。まぁ、元祖問題は何にでもつきものだとは思うんですが、軽く焼いたものを試食させてくれて、それがすっごく美味しかったんですよね!朝イチの甘いものだったからのおいしさもあるのかもですが、とっても香ばしくて、家に帰ってからも固くもなってないのにフライパンで焼いて食べました。

*麩嘉 生麩饅頭

2017-02-25  (58).jpg
生麩専門店☆
青のり入の麩饅頭ですが、ツルツル感・もちもちふわふわ感が独特。今まで食べたものの中で一番柔らかかったかなぁ。
青のりの風味はあまりしませんので、違和感はなし。

*マールブランシュ

2017-02-25  (62).jpg

茶の菓(チョコのラングドシャサンド)、生茶の菓(生チョコ風)、マロン・ド・マール(栗味焼き菓子)を購入。左の赤いのはツルカメ模様の東袋です。すごくかわいかったので買ってしまいました。
お菓子はどれもおいしいんですが、やっぱり一番は茶の菓かなぁ。食べやすいし。
チョコ専門店もあるようなので、そちらも行ってみたいです。

*ミール・ミィ

2017-02-25  (68).jpg

京都のはちみつ専門店です。
前から気になっていたクリのはちみつを購入。癖が強い!ってことでしたが、試食した分ではあんまりそんなに癖は感じなかったです。ちょっと薄いのかな。

*七味屋本舗

2017-02-25  (63).jpg

七味とおばんざいの素。これ、だしの素なんですが、試飲であったかいおだしにちょっと七味を入れて味見させてもらったところ、激うま!!これ、七味が?それともおだしが??どっちやねん、ってことで、両方買いました。。。家でお吸い物を作ってみたら、おばんざいの素だけで味がしっかり決まってびっくり。

*ふりかけ 

2017-02-25  (61).jpg

山椒ふりかけ(永谷園)
青じそふりかけ かおり(三島)
全然京都と関係ないんですが、スーパーでみかけて。あんまり関東では見たことないなぁ。

*赤いきつね 関西だし

2017-02-25  (60).jpg

これ、うちの近くのスーパーでも売ってたみたい(;´Д`A ```
さすが、東西の中間地点。

*よーじや

2017-02-25  (65).jpg

まゆごもり(ミニ)とぱふきれいを購入。まゆごもりはもちもちするハンドクリームです。割とさらっとしてるかな。
ぱふきれいは化粧パフ用洗剤で、私はどんな洗剤よりもこれが一番パフがきれいになると思います。
そういえば昔より脂取り紙って使わなくなったよねぇ。。。歳とったからかな。。。

*退蔵院 懐紙

2017-02-25  (67).jpg
退蔵院ではいろいろなグッズが売っていて、お香とかあれこれ気になったのですが、一番使いそうな懐紙を購入しました。
ナマズがかわいい。

*三条みすや 糸切ばさみ

2017-02-25  (70).jpg

以前小さい糸切狭を買ったのですが、今度は大きいサイズを。
これが本当によく切れる!!握りやすいうえ、先端がとがっているので細かいところにも使いやすい。
いい買い物でした。

***

短時間でしたが、意外と超満喫(*´Д`*)
また今度はちゃんと観光&お買い物に行きたいなぁ。東京から行くよりはずっと近いんだけど。。。

----------------------------------------------------
↓小さいときは焼いた(本物のほうの)八ッ橋が苦手でしたが・・・
   
今は好き。
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | その他

2017年03月02日

京都・冬

「車でドライブがてら名古屋に寄って京都に行くから、途中でひろってあげるよ」と言われて友達と京都に行ってきました。

まずは名古屋で友達のトルコ人のお宅にお泊り。
2017-02-23  (10).jpg

夕飯と朝ご飯をいただいて、子供といっぱい遊びました。

翌日京都に向かい、まずは日本最大の禅寺・妙心寺・退蔵院へ。
友達がこちらの副住職・松山大耕さんと知り合いでしたので案内していただきました。
とても素敵なお庭と瓢鮎図(禅問答の掛け軸)を拝見し、お茶をいただきました。

2017-02-24  (8).JPG

途中、今度から修行に鎌倉に出向くという若いお坊さんがいらして、「寺の息子は跡を継ぎたくない」というお寺あるあるがどこでどう変わるのかとか興味深いお話を伺いました。

2017-02-24  (30).JPG

本当はもっと禅についてお聞きしたかったですね。まぁまた次の機会に。
とりあえず以前大徳寺に行った時にも思った、「この街のようになっているお寺の構造はなんなんですか」というのだけは聞けました。
塔頭(たっちゅう)というシステム(?)らしく、元々は禅宗寺院で祖師や高僧の死後、弟子が師の徳を慕いメインとなるお寺に寄り添わせて建てた塔や庵なんだそうです。それが安土桃山時代に入ると、各地の大名が自身が教えを受ける僧の隠居所を寄進して小寺院と称する例が増え、これらも後に「塔頭」と言われるようになったそうです。
というわけで、そもそもは塔だったものが住居を兼ねた小さいお寺となり、今ある形になったということですね。
Wikipediaによると、名称からわかるジャンル分けは以下の通り。

「〜院」…大名家などが、帰依する僧を開祖として創建したもの。
「〜寺」…民衆からの浄財によって創建されたもの。
「〜庵」…僧の住んでいた庵を塔頭としたもの。

2017-02-24  (42).JPG
本当に街のよう。
現在ではすべての宗派が同じなのが基本ですが、長野の善光寺だけは天台宗と浄土宗が混じった塔頭なんだそうです☆勉強になりました。
駐車場は無料です。

  松山さんの著作。

そこを離れて、嵐山の竹林の道へ。

2017-02-24  (60).JPG

友達が「京都のドラマでよく見るから行きたい」とのリクエスト。
むちゃくちゃ観光客がいました。しかも外国の方ばかり!!!でもみんな楽しそうでなによりです。
竹林を往復してから桂川へぶらぶら散歩。
そして帰り際によーじやカフェでカフェラテ。

2017-02-24  (69).JPG

こわかわいい。味はふつう。でもお手拭きとかランチョンマットとか何もかもがすごくかわいかったです。でも17:30ラストオーダーで18時閉店と、京都タイム(夜早い)なので、あんまりゆっくりできず残念。
このあたりの駐車場は一回1000円。高い。。。

その後は行ってみたい!って言っていた菜食カフェmumokuteki cafeへ。

2017-02-24  (73).jpg

友達はイスラム教徒なので、食べられるものに制限があります。ハラールフードについては以前の記事を☆
で、今まで何度も京都に行っているので「その時は何を食べてたの?」と聞いてみたら「自分で持って行ったパンとか・・・」とおっしゃる。マジか。。。
折角なので豆腐とか和食とかどう?とあれこれ調べてみた結果、行けそうなお店は閉まるのが早い、という残念な結果に。インド/パキスタン系のカレーっていうのも、わざわざ京都で食べなくていいしなぁ〜。
ここで是非おさえていただきたいのが、ハラールフード=ベジタリアンフード ではないってことです。
外食することを考えると、動物性たんぱく質がハラールミートじゃないためベジタリアンフードを選べばまぁハズレはないように思いますが、そこでも調味料でアルコールを使ってたらアウト。
・・・なのですが、友達は最近は以前より少しゆるく考えていて、外で食べる場合は加熱されたアルコール(醤油などに含まれる)はあまり気にしないようにしているとのこと。もちろんリキュール使ってあったら避けますけど。
ちなみにこちらのmumokuteki caféでは動物性たんぱく一切なし、なのでとりあえず何を選んでも安心。

京都に住んでる人には「あそこはまずいから」と言われちゃいましたが、大豆たんぱくも豆腐も好きな私たちには普通においしかったです。これはそもそものおからこんにゃくなんかの好みがありますね。
あと味付けは基本薄い(卓上にはドレッシングしかない。塩をお願いしたらよかったな)のと、ちょっとお高いのが難点ですかね。それ以外はオーガニックもマクロビも嫌いな私でも大丈夫でした。
ほかにもいろいろ面白いアイディア料理(湯葉のオムライス風とか)もあって、また食べてみたいです。
雑貨や衣類も売っていて、柏のららぽーとにある支店には私もよく行ってました(^-^)

ごはんしっかり食べたけどほぼ野菜だったし、せっかくだからもう一軒行ってみようか!っていうことで、100%ハラールラーメンで有名な成田屋へ。

2017-02-24  (80).jpg
ちなみにお隣に新しくハラールの焼肉屋さんが出来ていて、「知ってたらこっちに来てたわ!」って二人して言い合いました。焼肉食べたい。

2017-02-24  (84).jpg

私はまぜそば、友達は醤油ラーメンを食べました。
店内が狭いのでチャーシュー代わりのチキンのスモーク?のにおいがもはもはしてます。醤油ラーメンはそのスモークの香りがしっかりスープについていて、普通のラーメンを食べなれている身としては「・・・変わった味だな・・・」っていうのが正直な感想です。まぜそばは味は普通においしかったけど量が少ないので、もうちょっとあると良かったかなぁー。
ちなみに友達は新宿にあるハラールラーメンのお店にも行ったことがあるようなのですが、そこのはスープが臭くて食べられなかったけど、これは大丈夫、食べられるとのこと。汁めんが苦手だそうなんですが、完食。
「むしろ唐揚げ食べたい」と言ってました。フライヤーのにおいが強かったのでおなか一杯になってしまって結局食べなかったけど。
近くの駐車場は20分300円でした。

祇園にあるので、運が良ければ本物の舞妓さんがうろうろしています。
私たちも見かけました。やっぱりかわいいなぁ!

***

その後は清水寺の近くのAir bnbで予約した場所で民泊。普通のアパートの一室を貸してるみたい。
友達が使っているのは何回か見たことがありますが、使ってないアパートとかを貸しているケースが多いのかな。まぁ、値段がめっちゃ安いので文句は言えない/言わない、泊まれればいいか、くらいで考えて借りるのがいいですね。外国人が泊まる分には特にクオリティに問題ないと思いますが(私も外国だったら外国だし、ってこれで特に不満はないかな)、日本人としては「安いとは言ってもこれは無いだろ」ってクオリティでした。ハズレを引いたのかな、と思いたいのですが、まず掃除が全然されてなかったです。台所の排水溝には生ごみが残り、ユニットバスの換気扇は埃がぎっしり。トイレも汚れていました。クリーニング代は宿泊費と別に請求されているのにねぇ。。。いつから掃除してないのかな?ホストの方はものすごく丁寧に交通アクセスについて英語でメールをくれましたが(私たち二人とも日本人なんだけど・・・)、それよりも先にやることあるよね。外国人に「所詮日本もこんなのか」と思わせないでほしいわ。
タオル類は新しそうな気もしましたが、この水回りの状況を見るとリネン類の洗濯もされているかどうかは不安だわ〜ってことで、風呂には入らず、とりあえずきれいそうなシーツにくるまって寝ました。しかもこのめちゃ寒いのに、エアコンが全然効かないの!!20年くらい前のやつで、30度に設定しても全然暖まらない(涙)。

クリーニング代も含めると一人分は安いビジネスホテルくらいのお値段になるので、やっぱりホテルには払ったお金分の安心・清潔・暖かさはあるかなぁ。bnb(Bed and Breakfast)といったって朝ご飯はつかないし。Bed, No Breakfastやね。

あ、もちろん家族が多かったり、住宅地に泊まりたい(スーパーとか近くて便利だし)人にはオススメです。いいお部屋もあるのかな〜。折角だからまた泊まってみよう(笑)。

***

2017-02-25  (2).jpg

朝近くの駐車場に行ってみたら、車がガッチガチに凍ってました。。。
(22:00-8:00が100円っていうパーキングあり☆)
やっぱり京都の冬は寒い!!ぬっくぬくの渥美半島暮らしが続いていた私、かなりナメてました。
心底冷える!

2017-02-25  (20).JPG

朝6時からやってる清水寺
でも舞台が工事中でした。20年ぶりくらいに来たのに(涙)。
駐車場は1000円/回。

そこからは街中へ。
前から行ってみたかった太極殿六角店・栖園(せいえん)へ。
2017-02-25  (43).jpg

琥珀流し(寒天)とわらびもちをいただきます。

2017-02-25  (37).jpg

朝イチで(笑)。
友達曰く、「ハディースでは甘いものから食べるのは推奨されてる」とのこと。
琥珀流しは寒天で、以前は冬はお休みだったのですが、今はやっています。
蜜の種類が月替わりで、4月桜みつ、5月抹茶みつ、6月梅、7月ペパーミント、8月ひやしあめ、9月ぶどう、10月栗とあずき、11月柿、12月黒豆だそうです。
で、新しくできた冬の味は1月はキャラメルミルク、2月チョコあられ、3月甘酒なのだとか。

チョコ(ココア)・・・無理やりだな・・・。
琥珀流し自体のお味はとってもおいしかったです。こんな風に寒天を固められるんだな〜と思う口当たり。
でもね、、、寒い(苦笑)。やっぱり冷えっ冷えの京都の冬で、そんなに暖かくないお店でいただくものとしては、ぜんざいとかのほうが絶対おいしいでしょうね〜ヾ(- -;)
わらびもちはしっかりしていてとても好みでした。
こちらで売っているまめまめっていうすはま団子が、ふつうは黄な粉のところソラマメの粉で作っているらしく、とってもソラマメ味で美味しかったです。

その後は錦市場や三条通をぶらぶら。

2017-02-25  (45).jpg

最後に京都在住の友達と待ち合わせをしていたのでイノダコーヒ本店へ。
ちなみに車は三条の上限1000円のパーキングに停めました。京都は土日の駐車料金が高いけど、ここはまずまず。

2017-02-25  (55).jpg

アラビアの真珠。
2017-02-25  (56).jpg

正直、ちょっと酸味が強くて苦手です。
でもこのカップが本当に好き。昔からずっと欲しいんだけど、なんだかなかなか手が出ない。収納しづらいからかな。。。

名古屋といえばコメダ珈琲なんですが、こちらもまぁまぁ普通の喫茶店(笑)。分煙もしっかりしてないのに朝から晩まで混みあっているのがとても不思議です。みんなお金持ちだなぁ。

***

さてさて、コーヒーをいただいてから帰路につきました。
朝ごはん→甘味だった私たちですが、お昼はたまたま通りかかったPAULでいくつかパンを買ったので、それを食べながら帰りました。
こちらのパンはほとんどハラールというか、食べられるものなうえに美味しいから好き、とのこと。
チーズのフラットブレッドをいただきましたが、とってもおいしい反面、顎が疲れました。。。サンドイッチにすればよかったな。

京都はパン屋さんが多いのも有名なんですよね。
でもチェックしてたパン屋さんは微妙に遠く、中心部では意外となくて行けず、ちょっと残念でした。
次は是非行ってみたいです!

----------------------------------------------------
↓いきたい。
   
----------------------------------------------------

*ちなみに今回何食べようか?って話していた時に候補に挙がったほかのお店はこちら☆
予約が必要だったり、早く終わっちゃったりするお店が多いですが、どこも美味しそうですよ。

京都ロイヤルホテル&スパのレストラン
 精進料理のセットがあります。
名代おめん
 うどん屋さん。Vegan対応出汁とかあるそうです。いや、そこまでは・・・
竈炊き立てごはん土井
 私が好きな柴漬けのお店。魚は粕漬だからダメなんだけど、、、
つな八
 天ぷら。ハズレなし。
清水順正おかべ家
 湯豆腐のお店。終わるのが早い。
閑臥庵(かんがあん)
 普茶料理。完全精進料理です。要事前予約。
京料理 花ごころ
 妙心寺の運営する花園会館にあります。精進料理もいくつか。

ハラールジャパンっていうサイトにもいろいろなお店が出てるので、気になる方はぜひ見てみてください。
posted by badem at 08:00| Comment(0) | その他

2017年02月28日

Tadaku 外国人から学ぶ料理教室 トルコ編☆

Tadaku(タダク) ってご存知でしょうか?
日本在住の外国人からその国の料理を学べるお料理教室サイトです。

各地に在住している方が、自宅で自分の得意メニューを参加者と一緒に作り、食べるので、その国に行って家庭料理をいただく感覚で参加出来ます。言葉も、日本語できる人もいますし、母国語以外は英語しかわからないという先生でも大丈夫。お互い第二外国語なら逆にすごくわかりあえますw。
しかも作るのは料理。 わからない現象はありません(笑)。

トルコ料理の教室もいくつかあるのですが、友達がやっているのをご紹介します!

*Ebruさん

東京のお教室なんですが、とても美味しいお料理をバリエーション豊かに作られます。
何より在住年数が長いので、日本人の好みをわかってメニューを考えてらっしゃいます。さらに、日本では全然知られていないおいしい料理もあったりします。材料も日本で手に入るものを使っていて、手軽に再現できるのも魅力。有名だけど普通の家でやらないものはやりません。
トルコ料理=ケバブ(肉)じゃないよ!

なにより、トルコでは家庭料理が一番美味しい!
私もたくさん旅行しましたが、レストランでいただくお料理よりも知り合った方のお家でいただくお料理の方がずっと美味しかったです。シンプルなのに奥深い材料の組み合わせとか、とにかく食べ飽きません。

2009 Turkey 0864.jpg これはトルコの朝ごはん。

日程あえば、ぜひ参加してみてくださいね。
愛知は外国人数は多いのに、こういうお教室はあんまりないので(お仕事で来られてる方が多いからかな〜。あとお子さん小さかったり…)、ちょっと残念です。(*・ω・*)

***

実は彼女のレシピ、私が校正しております(^O^☆♪
在住歴も長く、日本語もペラペラなんですが、やはり文書、特にレシピになると独特の表現があるため少しわかりづらいところがあります。もう本当に、ほとんど直すところはないんですけれど、数値や文中の言葉の揺らぎなどをメインにチェックしています。

参考にしているのはこちら〜


レシピの書き方だけでなく、素材や切り方、何が正しくて何が間違っているのか(○カペッリーニ×カッペリーニ、○ミニトマト×プチトマト)など、わかりやすく読みやすく書かれていますので、料理に興味のある人は持っていて損のない本だと思います。が、もう絶版なので、ぜひとも再販してほしいですね。。。

***

友達の教室は開催しはじめてから間もないのに、ほぼ満席!の大人気教室になったみたいです。
レシピやコツもたくさんたまってきたので、本にまとめられたらいいね、と話し合ってます。
友達が料理と各料理にまつわる説明やエピソードを書き、私が写真と絵を担当するという。

とっても美味しいトルコ家庭料理の本、出版に興味ある方いらっしゃいませんか〜(笑)。

----------------------------------------------------
↓杉浦さんの本もかわいい。

----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(2) | トルコ&中央アジア

2017年02月27日

アメリカ土産 大人のぬりえ

アメリカに行ってきた友達からお土産いただきました。

写真 2017-01-10 12 08 26.jpg

缶がかわいいこちらは、いま世界中で大流行の「大人の塗り絵」。
写真 2017-01-10 12 09 08.jpg
自律神経を整えたりする作用があるらしいですよ。

 火付け役はこの本かと。

でも中身にはこのオウム柄は入ってない、という。。。
写真 2017-01-10 12 09 31.jpg

そして色鉛筆は同じ色が2本入っているという、凡ミス。。。
写真 2017-01-10 12 11 47.jpg

ひさびさに「アメリカらしいな!!(≧∇≦)」を感じたお土産でした。

もう一つもらったのはファラフェルミックス。
写真 2017-01-10 12 12 40.jpg
ファラフェルは中東の豆(ソラマメかヒヨコマメ)コロッケ。
ピタパンとかに挟んで食べたりします。おいしいですよー♥

----------------------------------------------------
↓塗り絵もたのしい。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | アメリカ

2017年02月24日

ツバメヤ わらびもち と どら焼き

ツバメヤは岐阜・柳ヶ瀬にあるお菓子やさん。
「おやつこ」や「大地のおやつ」で一躍有名になったまっちんがプロデュースしてます。

 知っている人は知っている。

大名古屋ビルヂング店。今日は列が短い!
写真 2016-11-21 12 45 09.jpg

看板商品の黄金わらび(わらびもち)を購入してみました。
写真 2016-11-21 18 16 26.jpg

持ち帰り中もとってもいいにおい。常温で持ち運べます。
写真 2016-11-21 18 20 11.jpg

こちらは国産大豆の甘みをいかした浅煎りの特別焙煎きなこ。
11時からと17時からの2回に分けて販売しています。

おいしいんですけど、柔らかさ以外はこれといって特徴が…(*・ω・*)

わらび餅ですが、実は本店のものとは違うようで、本店のものはもっと粘り気の強い独特ものなのだそうです。国産大豆を深入りに焙煎した香ばしいきなこを使っているのだとかで、これは食べてみたいです。11時より販売開始で、平日のみ予約可だそうです☆気になる〜。

どら焼き
写真 2016-11-22 9 43 54.jpg

大き目のどらやき。食べごたえがあります。

柳ヶ瀬は商店街がダメになってから復活したところのようで、すごくいってみたい場所です。
----------------------------------------------------
↓雑貨店などに置くことで爆発的人気を得た商品たち。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | 食べ物

2017年02月22日

仔犬印ポット用 ティー・コージー

Elementary(エレメンタリー)のシーズン1-15"A Giant Gun, Filled with Drugs"(邦題は「過去の亡霊」)を見てましたら、ホームズ( ジョニー・リー・ミラー)がお客さんにお茶を入れるシーンが。

写真 2017-02-20 17 54 06.jpg
ティー・コージー(tea cosy、米語ですとtea cozy)をかぶせてます!!

写真 2017-02-20 17 54 24.jpg
超ダッサいのがかわいい。

このドラマ、結構な年のはずのルーシー・リューがかなりミニスカートをはいていて、勇気づけられるシリーズですw。

 
カンバーバッチのホームズも最高ですが。

さてさて、このティー・コージーをみて、去年買った仔犬印のティーポットに合うものを作ってみました。

写真 2017-02-20 14 44 25.jpg

かわいい♥

イギリスゴム編み、という編み方をしております。
これは何ぞや?
普通のゴム編みとかけ目、すべり目を組み合わせて厚みを出したもので・・・
詳しい編み方は→こちらのブログを参考にさせていただきました☆

ティー・コージーはいろんなタイプがあるのですが、脱着しやすいニットキャップタイプに。
平面に編んで、二つ折りにする形にして脇をかがり、取っ手と注ぎ口だけをあけておく形にしました。
どっちの穴がどっちかわからなくなってしまうので、取っ手のほうにはタッセルを。
上をきゅっと絞ってポンポンをつけたのでちょっと長さが足りなくなって、底のほうはかぎ針編みでちょっと足しました☆

かわいくて役に立ってます。

----------------------------------------------------
↓包み込むタイプのものもあります。
  
----------------------------------------------------
posted by badem at 08:00| Comment(0) | クロシェ&ハンドメイド